[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

7人制が5人で海外遠征へ「空港ではじめましてと…」 15人制熱狂の裏で古株が語る現状

夏は殺人的な暑さを誇る熊谷の空が、少し寂しく映った。選手たちが黙々と汗を流す熊谷ラグビー場のCグラウンド。練習を見守るギャラリーは、30人ほどだった。犬の散歩をする人、ジョギング中のおじさんが立ち止まる。中にはサインをもらおうとラグビーボールを持参した熱心なファンもいたが、片手で数えることができた。

練習前に円陣を組む7人制日本代表候補【写真:浜田洋平】
練習前に円陣を組む7人制日本代表候補【写真:浜田洋平】

ラグビー7人制も熱狂へ、リオ4位メンバーが語るメダルの有無がもたらす違い

 夏は殺人的な暑さを誇る熊谷の空が、少し寂しく映った。選手たちが黙々と汗を流す熊谷ラグビー場のCグラウンド。練習を見守るギャラリーは、30人ほどだった。犬の散歩をする人、ジョギング中のおじさんが立ち止まる。中にはサインをもらおうとラグビーボールを持参した熱心なファンもいたが、片手で数えることができた。

【PR】トップリーグは「DAZN」で見られる! リーチ、稲垣、姫野ら、W杯戦士もズラリ… 今なら初月無料キャンペーン実施中!

 ラグビーの男子7人制日本代表候補が24日、埼玉・熊谷市内で3日間の合宿を開始した。現在、25、26日に開催される「HSBCワールドラグビーセブンズシリーズ2019-2020 第3戦ニュージーランド大会」に出場するため、16人の選手がニュージーランドに日本代表として遠征中。選手の言葉を借りれば「正メンバー」ではない選手が熊谷に残っていた。

 15人制のトップリーグ開幕前は、東芝―トヨタ自動車の練習試合に数千人が集まったことと比べると、合宿とはいえラグビーブームの中では少し物足りない。15人制でW杯8強入りに貢献し、今後は7人制に専念する福岡堅樹(パナソニック)のケガによる不参加がなければ、注目度は変わったかもしれない。

「僕がセブンスに一番長く関わってきている。ちょうど今年で10年になりますね。セブンズは国内で大会がないこともあって、あまり認知されていない。そういうところで、五輪という一番いい舞台でセブンズを日本でやれることを思うと、この大会で結果を残すか残さないかでセブンズの将来が大きく変わってくる。なんとしてでもここは結果を残したい」

 こう語ったのは、熊谷合宿メンバーの坂井克行(豊田自動織機)だった。リオ五輪の4位に貢献した31歳。メダルをあと一歩で逃したが、前年の15人制W杯で南アフリカを撃破した「奇跡」の勢いを受け継ぐように快進撃を見せた。「長い歴史の中で15人制も、セブンズも世界のトップ4に入ったことは初めてだったので、目標のメダルには届かなかったけど、ちょっと胸を張って帰ってきた」。しかし、快挙の余韻もつかの間、帰国後に届かなかったあと一歩の大きさを知ることとなった。

 成田空港で目に映った光景は胸の中の自信とは対照的だった。「出迎えられたのは、いつものラグビー記者の方ばかり」。ありがたいことだとは思いつつ、拠点を置く愛知への帰路でも寂しい思いをしたという。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集