[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「ゴードンは史上最高」 首位撃破、マジック24歳の“セルフ・アリウープ”に米驚愕

米プロバスケットボール(NBA)マジックのアーロン・ゴードンが、現地時間16日のレイカーズ戦で“セルフ・アリウープ”を披露し、ファンに衝撃を与えている。

アーロン・ゴードン【写真:AP】
アーロン・ゴードン【写真:AP】

首位レイカーズ相手に驚異の身体能力を披露、動画は140万再生超え

 米プロバスケットボール(NBA)マジックのアーロン・ゴードンが、現地時間16日のレイカーズ戦で“セルフ・アリウープ”を披露し、ファンに衝撃を与えている。

【特集】5人制元日本代表はなぜ3×3で現役復帰したのか 「バスケ界に恩返しを」 / バスケットボール「3×3」・渡邉拓馬インタビュー(GROWINGへ)

 79-66とマジックリードの第3クオーター、ゴードンが魅せた。フリースローライン付近でフェイントを1つ入れて相手をかわすと、勢いよくボールをバックボードへスロー。跳ね返ったところを飛び上がって右手一本で受け、そのままリングへ強烈なダンクを決めた。会心の“セルフ・アリウープ”に本人も声を上げて味方と体をぶつけ合い、敵地ステイプルズ・センターもどよめきに包まれた。

 マジックはここからウエスタン・カンファレンス首位のレイカーズに追い上げを食らうも、119-118で接戦をものにした。2014年ドラフト全体4位で指名されたゴードンは、2016年NBAオールスターゲームダンクコンテストに出場するなど身体能力に定評があり、“ダンク職人”としても知られる。24歳PFの衝撃プレーをNBA公式インスタグラムが「アーロン・ゴードンは自らバックボードに到達する」とつづって公開すると、ファンからは驚きの声が上がった。

「このダンクはすさまじい」「ゴードンは史上最高」「新鮮だ」「ここ10年間で1番のダンク」「ダンクコンテストに出場すべき」「彼は危険だ」「言葉が出ない」などゴードンを称賛する声が続出した。

 動画再生回数は140万を超えるなど高い注目度となっている。ゴードンの身体能力に、今後も目が離せない。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集