[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

42勝41KOの怪物ワイルダー、伝説の“一撃失神KO”を米復刻 衝撃再燃「殺し屋だ」

ボクシングのWBC世界ヘビー級王者デオンテイ・ワイルダー(米国)は2月22日に元3団体統一王者タイソン・フューリー(英国)との“世紀の再戦”を迎える。43戦42勝(41KO)1分けで驚異のKO勝率98%を誇るKOモンスターの歴史的一戦へ向け、米興行大手「PBC」は16日(日本時間17日)、4年前のこの日の試合で「ワイルダー史上最高KO」の一つとされる衝撃の“失神KO”を動画付きで公開。「殺し屋だ」「今まで見た最高におっかないKOの一つだ」などと反響が相次ぎ、決戦を前にファンを盛り上げている。

デオンテイ・ワイルダー【写真:Getty Images】
デオンテイ・ワイルダー【写真:Getty Images】

4年前のこの日に演じた衝撃KOをPBC公開「キャリアの中で最も強烈な一発」

 ボクシングのWBC世界ヘビー級王者デオンテイ・ワイルダー(米国)は2月22日に元3団体統一王者タイソン・フューリー(英国)との“世紀の再戦”を迎える。43戦42勝(41KO)1分けで驚異のKO勝率98%を誇るKOモンスターの歴史的一戦へ向け、米興行大手「PBC」は16日(日本時間17日)、4年前のこの日の試合で「ワイルダー史上最高KO」の一つとされる衝撃の“失神KO”を動画付きで公開。「殺し屋だ」「今まで見た最高におっかないKOの一つだ」などと反響が相次ぎ、決戦を前にファンを盛り上げている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 これがワイルダーという男だ。2016年1月16日に行われたWBC世界ヘビー級王座の3度目の防衛をかけた当時同級8位のアルツール・スピルカ戦。30歳のワイルダーは試合は押される展開だったが、迎えた9回に衝撃が訪れた。コーナーを背にしたワイルダーが牙を剥いた。豪快な左フックを交わすと、ショートカウンターで右ストレートで左頬を打ち抜いた。

 すると、次の瞬間だ。スピルカの巨体は意思を失ったように膝から崩れ、仰向けで頭を打ち付けるようにしてリングに卒倒。大の字になった顔に生気はなく、完全に失神していた。会場のバークレイズ・センターは騒然となり、そんな中でワイルダーは右拳を上げ、「これが俺の実力だ」と言わんばかりのドヤ顔を決めていた。

 当時、世界のボクシング界を驚かせた失神KO。ちょうど4年が経ったこの日、PBC公式ツイッターは「4年前の今日、ブロンズボンバー(ワイルダーの愛称)が彼のキャリアの中でも最も強烈な一発を見舞った。アルトゥール・シュピルカ相手に9ラウンドのKO劇」と紹介し、その怪物が2月22日にフューリー戦に臨むことをPRした。

 色あせることのない衝撃シーン。目の当たりにした米ファンも「最高、フューリー戦が待てない!」「殺し屋だ」「今まで見てきた中でも最高におっかないKOの一つだよ」「なんてこった」「信じられない!」などとコメントを寄せ、当時の興奮が甦ってきているようだった。世界が注目する「2.22」でもフューリー相手にKOを演じられるか、大注目の一戦だ。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集