[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

16歳鍵山優真、大逆転のユース五輪Vに海外メディア絶賛「ローザンヌに大きな爪痕」

原則15~18歳が対象の第3回冬季ユース五輪は12日、フィギュアスケート男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)3位の16歳・鍵山優真(星槎国際高横浜)が166.41点、合計239.17点で逆転優勝を飾り、金メダルを獲得した。得点表示の瞬間は可愛らしく歓喜を爆発させた16歳。海外メディアは「ローザンヌに大きな爪痕を残した」と絶賛している。

鍵山優真【写真:Getty Images】
鍵山優真【写真:Getty Images】

最終滑走で6.96点差を逆転V、「氷上のプリンス」と紹介

 原則15~18歳が対象の第3回冬季ユース五輪は12日、フィギュアスケート男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)3位の16歳・鍵山優真(星槎国際高横浜)が166.41点、合計239.17点で逆転優勝を飾り、金メダルを獲得した。得点表示の瞬間は可愛らしく歓喜を爆発させた16歳。海外メディアは「ローザンヌに大きな爪痕を残した」と絶賛している。

【特集】一瞬で恋に落ちた新体操、その魅力「1回見たら好きになってもらえる」 / 新体操・畠山愛理インタビュー(GROWINGへ)

 日本期待の16歳が世界の大舞台で輝いた。首位と6.96点差で最終滑走で登場した鍵山。プレッシャーがかかる場面をむしろ楽しんだ。冒頭の4回転トウループ、3回転ループを決め、勢いに乗ると、ダイナミックなスケーティングで観衆を魅了。体力が苦しいラストに3回転アクセルを決めるなど、迫真の演技を見せた。滑り終えると会心のガッツポーズを繰り出した。

 表示された得点は166.41点。逆転Vを決めた瞬間、両手を突き上げ、童顔な表情に笑みが広がり、可愛らしく歓喜を爆発させた。そんなシーンを五輪公式ツイッターが動画付きで紹介。また、IOC運営の五輪専門メディア「オリンピックチャンネル」は「ユウマ・カギヤマはフリーで自己最高得点を記録し、ユース五輪のタイトルを獲得」との見出しで16歳の戴冠をレポートした。

 鍵山について「氷上のプリンス」と命名し、「日本のカギヤマがユース五輪の男子フィギュアで見事な滑りを見せつけ、SPで7点差あったアンドレイ・モザレフを追いついて優勝」「カギヤマはローザンヌ・スケーティング・アリーナで金メダルを獲得し、大きな爪痕を残した」などと紹介した。

 演技内容についても「彼は4回転トウループを披露し、序盤に高得点を手に入れた。トウループは彼にとってのお気に入りのジャンプのようだ」と紹介した上で「おまけにカギヤマは3回転アクセルも跳んだ」と演技後半まで奮闘し続けた16歳の躍動ぶりに拍手を送っていた。

 日本フィギュア界で羽生結弦、宇野昌磨に続く存在として、期待される16歳。今季は全日本選手権でも3位表彰台に上るなど、地力を見せていた。国際舞台のタイトルを励みにさらなる飛躍に期待したい。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集