[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

リーチ、南ア戦から“84日後の再出発” 代表入りへ衰えぬ闘志「ゼロからのスタート」

国内最高峰のラグビーリーグ、ジャパン・ラグビー・トップリーグ(TL)が12日に全国各地で開幕。秩父宮ラグビー場では東芝―サントリー戦が行われ、東芝が26-19で勝利を手にした。東芝はNO8リーチ・マイケル、サントリーはSH流大、FB松島幸太朗が先発。2万1564人の観客が集まった中、昨秋のワールドカップ(W杯)で日本代表主将を務めたリーチが「ゼロからのスタート」と位置付けたシーズンが幕を開けた。

東芝のリーチ・マイケル【写真:奥井隆史】
東芝のリーチ・マイケル【写真:奥井隆史】

2万人の「リーチ」コールに幸せ「しっかり耳に届いていた」

 国内最高峰のラグビーリーグ、ジャパン・ラグビー・トップリーグ(TL)が12日に全国各地で開幕。秩父宮ラグビー場では東芝―サントリー戦が行われ、東芝が26-19で勝利を手にした。東芝はNO8リーチ・マイケル、サントリーはSH流大、FB松島幸太朗が先発。2万1564人の観客が集まった中、昨秋のワールドカップ(W杯)で日本代表主将を務めたリーチが「ゼロからのスタート」と位置付けたシーズンが幕を開けた。

【PR】トップリーグは「DAZN」で見られる! リーチ、稲垣、姫野ら、W杯戦士もズラリ… 今なら初月無料キャンペーン実施中!

 ボールを持つたびに轟いた2万人の「リーチ!」のコール。W杯で生まれた応援スタイルが定着していた。日本を史上初の8強に導いた主将が再出発。W杯後、これからのラグビー界に新たなスタートをもたらすため、新シーズンから自身へのコールをやめるように要求したこともある。でも、生で聞くとやっぱり嬉しかった。

「開幕戦に多くの方が来てくれたことはとても幸せ。凄く良かったです。朝から並んでくれた。この会場でプレーできたこと嬉しいです。リーチコールはボールを持つ機会が少なかったけど、しっかり耳に届いていた。来週ももっとボールタッチが増えるように頑張りたい」

 6日にチームに合流したばかり。本調子とは言い難い。それでも、巨体を揺らして走り回った。W杯では会場にならなかった“聖地”を2万人が埋め尽くした。「僕はトップリーグに来て9年目。初めての光景だった。W杯が決まって10年かけてファンを増やそうとしてきた。今回増やせたことを嬉しく思う」。幸せをかみしめた。

 史上初のW杯8強入り。準々決勝で南アフリカに敗れ、涙した。主将には日本国民から「ありがとう」と感謝の言葉が注がれた。だが、本人は未来を見据え「ゼロからスタートしたい」と肉体改造に着手。「体を絞って、肉を食べないようにしてきた。肉を食べるとどうしても米をたくさん食べてしまう」とプランを明かす。

 しかし、うまくはいかない。すっかり慣れた日本食。31歳になり、魚だけに絞ろうとしたが「(W杯後)ニュージーランドに帰った時が105キロ。日本に帰ってきて109キロ。今もだよ。増えちゃったね(笑)」と頭をかく。それでも、W杯時の113キロよりは少し引き締まった。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集