[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

松島幸太朗の“曲芸的股下パス”に欧州メディアも驚き「W杯で主役を務めた後に…」

国内最高峰のラグビーリーグ、ジャパン・ラグビー・トップリーグ(TL)が12日に全国各地で開幕。秩父宮ラグビー場では東芝―サントリー戦が行われ、サントリーの日本代表FB松島幸太朗が後半7分、股下パスという曲芸プレーを披露。海外メディアも「ワールドカップ(W杯)で主役を務めた後に…」とスーパープレーに驚いている。

サントリーのFB松島幸太朗【写真:奥井隆史】
サントリーのFB松島幸太朗【写真:奥井隆史】

トップリーグ開幕戦で演じた美技に海外でも反響

 国内最高峰のラグビーリーグ、ジャパン・ラグビー・トップリーグ(TL)が12日に全国各地で開幕。秩父宮ラグビー場では東芝―サントリー戦が行われ、サントリーの日本代表FB松島幸太朗が後半7分、股下パスという曲芸プレーを披露。海外メディアも「ワールドカップ(W杯)で主役を務めた後に…」とスーパープレーに驚いている。

【PR】トップリーグは「DAZN」で見られる! リーチ、稲垣、姫野ら、W杯戦士もズラリ… 今なら初月無料キャンペーン実施中!

 日本代表が名を連ねた開幕戦で松島が魅せた。後半7分、波状攻撃の場面でパスを受けると、相手のプレッシャーを感じて咄嗟に動いた。前屈して股の下から大外のWTBテビタ・リーに15メートルの曲芸パス。一時同点のトライをお膳立てすると、会場は大きな歓声が巻き起こった。

 松島のスーパープレーの驚きは海を渡った。アイルランドのラグビー専門メディア「アルティメイト・ラグビー」公式ツイッターは「W杯で主役を務めた後、コウタロウ・マツシマはトップリーグ開幕戦でこれをやってのけた」と動画付きで絶賛。秩父宮を沸かせたスーパープレーを紹介していた。

 福岡堅樹(パナソニック)とともに昨年のW杯で「ダブル・フェラーリ」と呼ばれるスピードスターぶりで、日本の8強進出に貢献した松島。創造性あふれる股下パスはラグビーの本場も話題を呼んでいた。

(THE ANSWER編集部)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集