[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

韓国選手権V3の15歳ユ・ヨン、海外メディアも脚光「ユースオリンピックV本命だ」

フィギュアスケートの韓国選手権で3連覇を果たしたユ・ヨン。11歳の史上最年少優勝以来、15歳にしてすでに4度目の国内選手権制覇を達成した逸材に海外メディアも注目し、「シニアデビューイヤーから成功を収めた」「ユースオリンピックのV本命だ」などと脚光を浴びせている。

ユ・ヨン【写真:Getty Image】
ユ・ヨン【写真:Getty Image】

五輪専門メディアが特集「シニアデビューイヤーから成功収めた」

 フィギュアスケートの韓国選手権で3連覇を果たしたユ・ヨン。11歳の史上最年少優勝以来、15歳にしてすでに4度目の国内選手権制覇を達成した逸材に海外メディアも注目し、「シニアデビューイヤーから成功を収めた」「ユースオリンピックのV本命だ」などと脚光を浴びせている。

【特集】若き天才ジャンパーはなぜ飛躍したのか 快挙の裏にあったメンタルの成長 / 男子スキージャンプ・小林陵侑インタビュー(GROWINGへ)

 5日に行われたフリーで合計220.20点をマークし、3連覇を達成したユ・ヨン。得点は非公認ながら、自己最高点を上回るものだった。そんな15歳の快挙について、IOC運営の五輪専門メディア「オリンピックチャンネル」は「ユ・ヨンが韓国選手権で勝ち、4度目のタイトルを獲得」と特集した。

 記事では3連覇を達成したことを紹介しながら「ユ・ヨンはシニアデビューの年から国際大会で成功を収めている」と紹介。グランプリ(GP)シリーズのスケートカナダで3位に入ったことなどを伝え、さらに「彼女の次なる戦いは2020年の冬のユース五輪で、女子シングルの金メダルの本命とされている」とスイスで今月行われる国際大会のV筆頭と位置付けた。

 ユ・ヨンの武器となっているのは3回転アクセル。記事でも韓国の女子シニア女子選手で初めて成功させた実績を紹介し、4本の3回転ジャンプを持っていることも伝えている。また、生い立ちについても触れ、幼少期はシンガポールで育ったことを記述。韓国期待の15歳のキャリアについてクローズアップしていた。

 リンクを降りれば15歳らしさをのぞかせ、大会後には私服姿の写真をインスタグラムで投稿し、日本人ファンからも「かわいい」と熱視線を浴びていたユ・ヨン。「キム・ヨナの後継者」と母国で期待を浴びる逸材は国内選手権3連覇で弾みをつけ、今度は国際タイトルを手にできるか。海外でも注目は高まっている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集