[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

男女共学化から4年目の夏 強豪・法政二の女子リレーが全国でつないだ“絆とバトン”

全国高校総体(インターハイ)の陸上最終日は8日、女子1600メートルリレー準決勝で初出場の法政二(神奈川)は3分53秒83で3組5位に。決勝進出を逃したが、共学化から4年目、初めて女子がトラック種目で掴んだインターハイ切符。唯一の3年生・佐藤葵は後輩を牽引し、夏の全国の大舞台を駆けた。

「法政二高」を胸に女子リレーが全国を駆けた【写真:荒川祐史】
「法政二高」を胸に女子リレーが全国を駆けた【写真:荒川祐史】

女子がトラック種目初出場、1600mリレー準決勝敗退も…4年目の夏に刻んだ第一歩

 全国高校総体(インターハイ)の陸上最終日は8日、女子1600メートルリレー準決勝で初出場の法政二(神奈川)は3分53秒83で3組5位に。決勝進出を逃したが、共学化から4年目、初めて女子がトラック種目で掴んだインターハイ切符。唯一の3年生・佐藤葵は後輩を牽引し、夏の全国の大舞台を駆けた。

 伝統の「法政二高」の文字を胸に、4人の女子スプリンターが駆けた。唯一の3年生・佐藤葵から1年生の新田望、2年生の佐藤瑠歩、武田小都にバトンをつなぎ、全力疾走。しかし、台風9号の接近で強風が吹き荒れるレースで予選からタイムを4秒落として同組5位に終わり、バトンミスで予選失格となった400メートルに続いて決勝進出を逃した。

 3年生としてチームを牽引した佐藤葵は「400メートルもマイルも1、2年生主体のチーム。来年、日本一という目標を達成するためにも、どっちの種目も決勝で戦いたかったのに、全然できなかった」と涙。「みんな勝つためにサポートも含め、一生懸命やってくれていたので、すごく悔しいです」と瞳を潤ませた裏に、挑戦を続けた2年半の苦闘が滲んだ。

 法政二は16年に男子校から共学化。初めて女子部員が入った。翌年に入学した佐藤葵は2期生に当たる。男子はリレー種目でインターハイを制した実績を誇り、もともと強豪校として知られていたが、女子は未知数。それでも、中学時代の1つ上の先輩が進学したことに影響され「男子も強かったし、勝つならここしかない」と門を叩いた。

1 2
インターハイ(インハイ.tv) | スポーツブル(スポブル)
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集