[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • イベント
  • ボルトは小学生とピッチ数は同じ? 元五輪ランナーが“目から鱗”の豪華かけっこ授業

ボルトは小学生とピッチ数は同じ? 元五輪ランナーが“目から鱗”の豪華かけっこ授業

国際アスリート育成協会(IAEC)が23日、東京都市大付属小の児童を対象とした課外授業を東京・世田谷区の同校グラウンドで行い、約70人が参加。陸上の04年アテネ五輪代表の伊藤友広氏がロンドン五輪で400メートル障害出場の館野哲也と走り幅跳びの猿山力也とともにランニング教室を行い、小学1~6年生の生徒に“目からウロコ”の走りのイロハを説いた。

アテネ五輪代表・伊藤友広氏が現役選手2人と小学生に特別授業

 国際アスリート育成協会(IAEC)が23日、東京都市大付属小の児童を対象とした課外授業を東京・世田谷区の同校グラウンドで行い、約70人が参加。陸上の04年アテネ五輪代表の伊藤友広氏がロンドン五輪で400メートル障害出場の館野哲也と走り幅跳びの猿山力也とともにランニング教室を行い、小学1~6年生の生徒に“目からウロコ”の走りのイロハを説いた。

 伊藤氏が中心となり、2人の現役選手を迎えて行われたランニング教室。最初に実施した1、2年生クラスでは、走りの基本となる姿勢の大切さをレクチャーした。地面の反発を正しく走りに生かすため「胸を反らせない」「お尻を突き出さない」などチェックポイントを挙げ、スキップやもも上げで20メートル程度の距離を走った。

 五輪経験者の現役選手が一般の小学生を指導するという、なんとも豪華な機会。通常のランニング教室では、一緒にアスリートと時間を過ごすことに主眼を置いた“思い出作り”になってしまうこともあるが、ランニング指導のプロ組織「0.01」を主催する伊藤氏の下、わかりやすく的確な言葉で子供たちに「走りのコツ」を伝えた。

「まずは走ることが楽しいと思ってもらうことが大事」という伊藤氏の言葉通り、常に明るい雰囲気の下、最後は伊藤氏、館野、猿山も参加し、リレー対決で約90分の教室を締めくくった。続いて行われた3~6年生クラスでは、質疑応答コーナーでなんとも興味深い質問が飛び出した。

 児童の質問は「どうしたら大きな歩幅で走れるか?」。これに対し、伊藤氏は世界最速男を引き合いに出し、ストライドの重要性を解説した。ウサイン・ボルトのピッチは1秒間に約4.5回転で、この回転数は小学生とも差はないという。

「走りの速度はピッチ×ストライドの計算式で求められる。ボルト選手は回転数が同じでも、ストライドが大きいから速く走れるんです」

伊藤氏が特別授業に込めた願い「足が速くなって自分の自信につなげて」

 一般のと児童なら、例えば身長150センチなら歩幅は150センチと、ストライドが身長と同じ程度にあることを紹介した上で、198センチのボルトは約3メートルの歩幅で走ることを説明。「だから、速く走って歩幅を広げるためにはジャンプ力をしっかりと鍛えましょう」と語りかけると、子供たちはもちろん、保護者も大きくうなずき、目を輝かせていた。

 伊藤氏は「低学年の子供は自分のイメージと実際の走りがリンクしていない。だから、正しい姿勢で正しい動きができるように腕と足の動かし方というものを意識してもらった」と今回の指導の意図を説明。現役選手2人は実際にデモンストレーションを行った上で指導し、「動ける体でパフォーマンスもしてもらい、かつ、内容のある指導で存在感を示してもらえた」と振り返った。

「0.01秒でも走りを速くすることで自信獲得につなげてほしい」との理念で行っているランニング事業「0.01」を主催している伊藤氏は「まずは今日、体を動かすことが楽しいと思ってもらえたら一番。体をこう動かしたら、速くなるというポイントは伝えたので、少しでも足が速くなって自分の自信につなげられるように生かしてほしい」と願っていた。

 また、ゲストとして参加した館野は、強くなる方法について「まずは楽しいと思えることが一番大事。それが強くなるために一歩前に進めることになる」と話し、猿山は幅跳びで距離を伸ばす方法について「幅跳びだけど、まずはしっかりと足を速くしないと遠くに跳べない。足を速くすることか始めましょう」と語りかけた。

 今回はIAECが主催したもので、ランニング教室の前にはアーセナルサッカースクールでコーチングディレクターを務めるピーター・キロフ氏の指導の下、サッカー教室も行われた。豪華なコーチ陣によって行われた特別授業。成長段階の子供たちの未来にとって、実りある一日になったに違いない。

【了】

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
SportyLife スポーティーライフ - 食とスポーツをつなぐ情報誌
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー