[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

綿貫敬介が「東北『夢』応援プログラム」で遠隔指導の締めくくり

プロテニスプレーヤーの綿貫敬介(明治安田生命)が21日、公益財団法人東日本大震災復興支援財団が立ち上げた「東北『夢』応援プログラム」のオンラインイベントに登場。1年間に渡って遠隔指導ツール「スマートコーチ」を活用し、指導してきた福島県いわき市の少年少女10人と交流。成果発表イベントを遠隔で行なった。

綿貫敬介が「東北『夢』応援プログラム」のオンラインイベントに登場【写真:編集部】
綿貫敬介が「東北『夢』応援プログラム」のオンラインイベントに登場【写真:編集部】

現役プロテニス選手が感じたオンライン指導の可能性 対面に「近いものが実現できた」

 プロテニスプレーヤーの綿貫敬介(明治安田生命)が21日、公益財団法人東日本大震災復興支援財団が立ち上げた「東北『夢』応援プログラム」のオンラインイベントに登場。1年間に渡って遠隔指導ツール「スマートコーチ」を活用し、指導してきた福島県いわき市の少年少女10人と交流。成果発表イベントを遠隔で行なった。

 いわき市の子供たちに遠隔指導を続けて、3年目の締めくくりとなるイベント。「夢応援マイスター」として、遠隔指導してきた綿貫は新型コロナウイルスの影響で、成果発表の舞台となる、いわき市のテニスコート「ア・パース」での直接対面は実現しなかった。

 だが、プロテニスプレイヤーで弟の陽介のツアーに帯同し、指導も行う綿貫に指導を受けたいという子供たちの願いはオンライン形式で実現した。

「ア・パース」にカメラ2台を用意。現地在住のコーチ2人と連携して、綿貫氏は自宅にいながらもいわき市のテニスコートに揃った生徒10人に的確な指示を続ける。

「ラスト2球!」「ラケットを下から上に動かす! 意識はできているけれど、ボールの横ではなく、背中を打つようなイメージで!」

 スライスサービスとスピンサービスを打ち分ける精度など、生徒個々のテーマに対して、遠隔とは思えないほどライブ感溢れる指導を展開した。

綿貫は「オンラインでも実際の指導に近いものが実現できた」と手応えを語った【写真:編集部】
綿貫は「オンラインでも実際の指導に近いものが実現できた」と手応えを語った【写真:編集部】

「オンラインでも実際の指導に近いものが実現できた」

 最後は生徒たちが1年前に立てた目標と、1年間で得た成果を発表。オンライン上での記念撮影でイベント終了となった。

 予定されていた1時間半を超える、締めくくりのイベントとなったが、参加した駒崎妃悠君は「綿貫コーチの指導はわかりやすかった」と声を弾ませていた。

「新型コロナウイルスの影響でコートに出られない時間をみんな過ごしたと思います。テニスができる状況は、当たり前ではないとみんな感じたと思います。次の目標に向けてジャンプアップするための時間だったと思ってもらいたい。今日は思ったよりもリアルに近い指導ができたと思います。継続して引き続き練習に励んでください」

 最後にこうエールを送った綿貫。「懐かしさも愛着もある生徒たち。オンライン指導の中でも距離感も伝わってきました。実際の指導にかなり近いものが実現できたと思います。これからこういう形の指導もどんどん増えてくると思います」とイベント後に手応えを語った。

(THE ANSWER編集部)

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集