[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

タイソン、“耳噛み事件”での損失は100億円以上か 罰金&謹慎処分の期間から試算

ボクシングの歴史上で今なお、大事件として記憶される、マイク・タイソン(米国)の“耳噛み事件”。1997年6月28日(日本時間29日)、WBA世界ヘビー級タイトルマッチ、イベンダー・ホリフィールド(米国)戦から23年がたったが、あの事件によりタイソンは1億ドル(約107億円)の損失を出したという。米スポーツ専門メディア「ブリーチャーレポート」が特集している。

現役時代のマイク・タイソン氏【写真:Getty Images】
現役時代のマイク・タイソン氏【写真:Getty Images】

23年前の「6・29」に起こした事件で失ったものとは…米分析

 ボクシングの歴史上で今なお、大事件として記憶される、マイク・タイソン(米国)の“耳噛み事件”。1997年6月28日(日本時間29日)、WBA世界ヘビー級タイトルマッチ、イベンダー・ホリフィールド(米国)戦から23年がたったが、あの事件によりタイソンは1億ドル(約107億円)の損失を出したという。米スポーツ専門メディア「ブリーチャーレポート」が特集している。

【特集】「空手=無骨というイメージを覆したい」若き王者が抱いた使命感とは / 空手・西村拳インタビュー(GROWINGへ)

 歴史的珍事が起きたのは突然だった。3回にクリンチで絡み合った両者。タイソンの顔がホリフィールドの横顔に接触した次の瞬間だ。ホリフィールドが急に跳び上がり、レフェリーが怪訝な顔で確認する。観衆には何が起きたのかわからない。リング奥に映るファンもキョトンとしている。ここでレフェリーは試合を中断した。

 ホリフィールドは相手に背を向け、ロープに向かって歩き出す。しかし、タイソンが追いかけて背中から突き飛ばした。舌なめずりをする野獣タイソン。なんと右耳の外側部分2センチを食いちぎっていたのだ。ドクターチェック後に再開したが、今度は左耳にもかみついて同回終了と同時に失格負け。これにより、18か月の謹慎処分を受けた。

 23年前のこの日起きた、歴史的な珍事に再び脚光を浴びせた同メディアは「マイク・タイソンがホリフィールドの耳を噛んだことは1億ドルの損失に値する」と題した記事で回想。米スポーツ専門メディア「ジ・アクションネットワーク」のダレン・ロヴェル氏がタイソンの失格による損失を試算。タイソンが失った金額は1億ドル以上だと伝えている。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集