[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

25歳で「引退」を決意した日 杉山愛は1日23個のルーティーンで現役を9年延ばした

25歳のときに陥ったスランプで「引退」の文字が頭をよぎった【写真:Getty Images】
25歳のときに陥ったスランプで「引退」の文字が頭をよぎった【写真:Getty Images】

打ち方さえ分からずボロボロ、自信がなくなり「引退」の文字が頭をよぎった

 現役時代、杉山さんは日に23個のルーティーンがあったという。試合当日ともなれば、なんとその数33個。彼女がどれだけ緻密に、体と心に向き合っていたかが数字に表れている。

「例えば、朝起きてすぐに30分、呼吸法を行います。私はすごく緊張するタイプで、大事な試合で空回りしたり、自分に負けたりして、トレーニングの成果をなかなか試合に出せなかった。何かないかと探しているとき、医学博士の塩谷信男さんが提唱する“正心調息法”の本と出会い、試したら、すごくしっくりきました。

 とにかく『いいかも』と思ったものは何でも試しました。しっくりこないものも当然あるので、トライ&エラーを繰り返し、最終的に残ったのが23個です」

 杉山さんがルーティーンを構築するに至るきっかけは、25歳のときに陥ったスランプだった。

 25歳を迎えた2000年、杉山さんは全米オープンの女子ダブルスで優勝。日本人選手として初めて、WTAダブルスランキング1位に輝いた。しかし一方で、シングルスの戦績は振るわず、迷走する。

「その頃はボールの打ち方さえ分からなくなるほどボロボロで、うまくプレーできる気がまるでしなかった。自信がなくなると希望も見えなくなり、引退、という文字が頭をよぎりました」

 杉山さんは遠征先から母・芙沙子さんに電話し、「テニスを辞めようと思う」と伝える。すると芙沙子さんは「やるべきことをすべてやりきったの?」と返した。

「『ここで辞めたら、きっと他のことをやってもうまくいかないんじゃない?』。その言葉が目覚ましになりました。テニスは私自身が選んだ道。引退する=すべてをやりきった、ということか、と。あぁ、私はまだやり切れていない。ならば、やり切ろう、と切り替わり、自分と向き合う作業が始まりました」

1 2 3

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビューや健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌などで編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、サンマーク出版)、『カチコチ体が10秒でみるみるやわらかくなるストレッチ』(永井峻著、高橋書店)など。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
今なら特設サイトからDAZN加入で2か月無料!
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集