[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「人間・萩野公介」の問われる真価 北島康介が辿った「選ばれしエースの宿命」

まだ「チーム・ジャパン」じゃない若い日本…「萩野選手は結果を出して引っ張って」

 実際、萩野はリオ五輪で大会初日に400メートル個人メドレーで金メダルを獲得し、チームに流れをもたらした。

「初日にエースといわれる選手が結果を出さないと、流れが悪くなるというジンクスある。そういう意味では萩野選手も大変だと思います」

 今大会は4日目の200メートル個人メドレーを皮切りに4種目にエントリー。最後に伊藤氏は若い日本代表に対する期待、そして、萩野に対する期待を口にした。

「競泳は、互いのことをよく知っているチーム。だけど、今は年齢的に若く、まだ『チーム・ジャパン』という感じじゃない。だからこそ、萩野選手には結果を出して引っ張っていってほしい。そういう責任感が出てきて、自分がどうあるべきかということを考えると、もっといい選手になれる。23歳で若い選手。まだまだ、ここからだと思います」

 いち選手としてだけでなく、日本選手団のエースとして期待される萩野。果たして、23歳の「真価」は結果として、どう表れるのか。「人間、萩野公介」の挑戦が始まる。

◇伊藤 華英(いとう・はなえ)

 2008年女子100m背泳ぎ日本記録を樹立し、初出場した北京五輪で8位入賞。翌年、怪我のため2009年に自由形に転向。世界選手権、アジア大会でメダルを獲得し、2012年ロンドン五輪に自由形で出場。同年10月の岐阜国体を最後に現役を退いた。引退後、ピラティスの資格取得。また、スポーツ界の環境保全を啓発・実践する「JOCオリンピック・ムーヴメントアンバサダー」としても活動中。

【了】

ジ・アンサー編集部●文 text by The AnswerDAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集