[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「人間・萩野公介」の問われる真価 北島康介が辿った「選ばれしエースの宿命」

水泳の世界選手権(ブダペスト)は明日23日に競泳が開幕する。自国開催の20年東京五輪へ向け、メダルラッシュが期待される日本で最大の注目が集まるのは、萩野公介(ブリヂストン)だ。リオデジャネイロ五輪の400メートル個人メドレーで金メダルを獲得。日本選手団のエースとして、どう挑むべきなのか。

【短期連載第3回】元五輪代表・伊藤華英さんが語る競泳の「チーム」と「エース」論

 水泳の世界選手権(ブダペスト)は明日23日に競泳が開幕する。自国開催の20年東京五輪へ向け、メダルラッシュが期待される日本で最大の注目が集まるのは、萩野公介(ブリヂストン)だ。リオデジャネイロ五輪の400メートル個人メドレーで金メダルを獲得。日本選手団のエースとして、どう挑むべきなのか。

「今回は萩野公介自体の真価が問われる大会になると思います」

 こう話したのは、北京五輪、ロンドン五輪代表の伊藤華英氏だ。果たして「萩野公介の真価」とは何なのか。

「『選手、萩野公介』ではなく、『人間、萩野公介』についてです。彼は今、キャリアが急激に上り調子で、五輪で金メダルも獲った。選手としては間違いなく素晴らしい。しかし、これから日本競泳界を引っ張っていく立場として、彼にもっと自覚を持ってやっていってもらいたい。周りにはそういう期待があるから、当然、高いレベルで評価がされます」

 伊藤氏は「かわいそうだけど」と話した上で「彼には選ばれし者の宿命がある」と語った。

 競泳界で押しも押されもせぬトップ選手だからこそ、自身の結果はもちろん、エースとしてチームを牽引する役割が期待される。実際に伊藤氏も現役時代、日本競泳界のエースたるべき選手がいたという。北島康介だ。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集