[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「オシムさんを超えさせてくれ」 偉大な師の背中追う“通訳出身”J2監督の挑戦

かつて指揮した秋田、愛媛とも上位争いを展開

 2015年にS級ライセンスを取得し、最初に監督を務めたのはJ3の秋田。2年目となった昨季には、クラブ史上最高の4位という成績を残した。シーズンを戦い終えた間瀬は、選手たちに聞いた。

「これでオシムさんを超えられたかな」

 返って来たのは同じ答えばかりだった。

「分かりません……」

 すでに秋田の指揮官を退任することが決まり、次はJ2で愛媛を率いることが決まっていた。

「それは俺にも分からない。でも……」

 間瀬は、しばらく間をおいて続けた。

「俺はオシムさんを超える方法を見つけたぞ。ジェフは、オシムさんがいなくなった瞬間から崩れ落ちてしまった。でもこのクラブでは、俺一人が抜けたくらいで落ち込むような取り組み方は一切していない。だから来シーズンは、お前たちがさらに順位を上げて、俺にオシムさんを超えさせてくれ」

 06年の日本代表監督就任によってオシムが去ったジェフは、次第に順位を下降させ09年にJ2降格。それ以来、8シーズンにわたってJ1復帰を果たせておらず、今季も第19節終了時点で15位と苦しんでいる。

 一方、間瀬が去った秋田は、J3第13節を終えて1試合消化が少ないなかで2位に勝ち点5差をつけて首位を快走。そして今季から率いる愛媛も、首位と勝ち点6差の9位とJ2で上位争いを展開している。

(文中敬称略)

【了】

加部究●文 text by Kiwamu Kabe



1 2

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近、選手主体のボトムアップ方式で部活に取り組む堀越高校サッカー部のノンフィクション『毎日の部活が高校生活一番の宝物』(竹書房)を上梓。『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(いずれもカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集