[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

公文の子供机で学んだ日本語 ブラジル代表を蹴った“砂の日本代表10番”異端の半生

W杯で母国と対戦「日本人になり、W杯に出るという2つの夢が叶った」

 こうなれば、あとはサッカーに邁進するだけ。従来もラモス瑠偉監督の計らいで代表にはコーチとして帯同していたが、すぐに選手として加わることに。当時はW杯タヒチ大会予選の真っ只中だった。

【特集】「自分がそこで負けないこと」なでしこジャパンで立つ“夢舞台”へ秘める闘志 / サッカー・清水梨紗インタビュー(GROWINGへ)

「ちょうど膝の靱帯が切れて全治6か月の故障をしてしまい、最初は年明けのW杯予選に間に合わないと言われた。でも、W杯予選の1か月前に国籍が出て、試合に出られた。日の丸を着けたことに感動した。タイ代表と対戦して自分が2点を取って勝った。今でも初めての試合は忘れられません」

 そして、見事に予選を勝ち抜き、出場権を獲得した。本大会では快進撃を演じ、決勝トーナメントに進出。敗れこそしたが、母国ブラジルと3-4と互角の戦いを演じ、日本でも話題を呼んだ。

「2つの大きな夢が叶った。日本人になり、W杯に出るという。子供たちによく言うけど、諦めないこと大事と思う。日本人になってW杯まで行けたことに感動した。でも、まだW杯で優勝できてない。その時はベスト8。あと2013年W杯に世界2位の選手になった。日本のビーチサッカーを盛り上げてきたけど、W杯優勝という大きな夢を達成できてないので、練習を頑張っています」

 ビーチサッカーは移籍金がかからない自由な契約形態が通例。オフシーズンの数か月限定はもちろん、週末の大会だけ出場するなんてことも珍しくない。特に、日本では給与も低く、東京ヴェルディビーチサッカーに所属する茂怜羅自身、積極的に欧州に渡ってプレー。実力を磨き、バルセロナでクラブ世界一も経験している。

「今は海外に2か月行くと、すぐにホームシックになって日本に帰りたいくらい日本が好き(笑)。ただ、日本がプロではなく、海外に行かないと稼げないし、何より欧州は強いし、もっとレベルアップしたい。いい結果を残して、日本の皆さんにビーチサッカーのことを知ってもらいたい。まずは日本代表の選手として、W杯で結果を残したいと思います」

 日本のビーチサッカーと未来について思いを語った茂怜羅。実は、所属する東京ヴェルディビーチサッカーで「選手兼監督兼クラブ代表」という肩書を背負っている。現役選手として異端の働きをする真意とは――。

(インタビュー後編に続く)

(THE ANSWER編集部・神原 英彰 / Hideaki Kanbara)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集