[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

公文の子供机で学んだ日本語 ブラジル代表を蹴った“砂の日本代表10番”異端の半生

サッカー日本代表に世界一を知る名手がいる。それも、名門バルセロナのユニホームをまとって――。男の名は茂怜羅(モレイラ)オズ。ビーチサッカーで日本をワールドカップ(W杯)3大会連続出場に導いた“砂の上のレジェンド”だ。名前を見ても分かる通り、茂怜羅の出身は日本ではなく、ブラジルである。

ビーチサッカーで日本をW杯3大会連続出場に導いた茂怜羅オズ【写真:Getty Images】
ビーチサッカーで日本をW杯3大会連続出場に導いた茂怜羅オズ【写真:Getty Images】

バルサで世界一経験、ビーチサッカー日本代表・茂怜羅オズが日本代表を選んだ理由

 サッカー日本代表に世界一を知る名手がいる。それも、名門バルセロナのユニホームをまとって――。男の名は茂怜羅(モレイラ)オズ。ビーチサッカーで日本をワールドカップ(W杯)3大会連続出場に導いた“砂の上のレジェンド”だ。名前を見ても分かる通り、茂怜羅の出身は日本ではなく、ブラジルである。

 このほど、4度目となる「世界年間ベスト5」に選出された32歳。なぜ、「普通」のサッカーが本場の母国で敢えてビーチサッカーを選び、ブラジル代表のオファーを断ってまで日本人としてプレーしているのか。バルセロナで世界一も経験した“もう一人の日本代表10番”を「THE ANSWER」がインタビュー。前編は異才を放つ、オンリーワンの半生について迫った。

 ◇ ◇ ◇

 ブラジルに生まれた茂怜羅。6歳で本格的にサッカーボールを蹴り始めた。それは芝ではなく、砂の上だった。いったい、その理由は何だったのか。穏やかな笑みを浮かべながら、流暢な日本語で語り始めた。

「よく聞かれますが、一番に分かりやすいのは家からビーチが近かったことです。コパカバーナという海の前に住んでいて、ビーチまで信号を渡るだけ。ビーチは4キロくらい続いて、ビーチサッカースクールがいっぱいあります。自分はボールを蹴りたくて、芝か砂かは関係なく、近くにあるスクールに入りました。

 実際に毎日練習をやり始めると、もっと好きになった。それに、ブラジルではビーチサッカーもテレビで生放送があるくらい有名なスポーツ。小さい時に地元のW杯でスタジアムが立ったので見に行くと、本物の試合の雰囲気を感じたら、10歳で『ビーチサッカー選手になりたい』という夢ができてきたんです」

 通常のサッカーの半分以下のコートで展開も速い。オーバーヘッドなどのアクロバティックなプレーができることに魅了され、砂にまみれた。ただ、抜きん出たセンスで14歳の時、サッカーの名門バスコ・ダ・ガマに招待された。

「自分はビーチサッカーが好きなので、普通のサッカーは見るのは好きでも、プレーするのは興味がなかった。でも、家族、コーチはどんな国でもある有名な世界的スポーツだから将来を考えてサッカーをやった方がいいと言われ、招待は受けた。当時のビーチサッカーは代表の15人くらいは稼げるけど、それ以下の選手はみんな働きながらだったので。

 そこから2年間はサッカーとビーチサッカーを両方やった。16歳でビーチサッカーでプロ契約になり、一本で行こうと。みんな反対したけど、好きなことをやって幸せになればいいと思った。新しい競技だし、どんどん変わっていくかなと。今なら考えるかもしれないけど、若かったのでビーチサッカーしか見えなかった。でも、それで良かった。今も後悔してないので」

 メキメキと頭角を現し、20歳でドイツからオファーを受けて渡欧。1年プレーすると思わぬオファーが届いた。日本からだった。親交があった元ブラジル代表選手が沖縄で選手兼監督としてプレーしており、同じチームで誘いを受けた。

「ドイツでいい経験をしたし、もっとチャレンジしたいと思った。文化的なものは全く違うけど、彼から安全で住みやすいとか、日本は始まったばかりとか、いろいろ聞いて一緒に頑張ろうと言われ、やってみようと思った。沖縄はコパカバーナと似ているし、海があって暖かいし、正直、違う国に来た印象がなかった。

 日本人はみんな優しいし、親切。言葉も喋れないけど、困らなかった。どこ行っても誰かが手伝ってくれた。特に、チームメートは病院に行かなきゃいけない時まで手伝ってくれた。今でも忘れられない。自分の故郷のように感じたし、親切さは日本に来る前までにほかの国で経験したものとは違った。便利で住みやすいし、ごはんもおいしいから」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集