[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • コラム
  • 「コピーはオリジナルに敵わない」 エディーHCが語る日本スポーツと「ジャパンウェイ」

「コピーはオリジナルに敵わない」 エディーHCが語る日本スポーツと「ジャパンウェイ」

近年、日本スポーツは選手の海外進出が積極的に進み、ボーダレス化が目覚ましい。その結果、国際舞台で「日本と世界」を意識する機会が増えている。日本が世界と戦う上で度々、キーワードとして浮上するのは「日本らしさ」だ。「日本らしい野球」「日本らしいバレー」といった表現で使われることをよく耳にする。英語で言えば「ジャパンウェイ」。サッカー日本代表の森保一新監督が就任会見で使っていたフレーズも記憶に新しい。しかし、「スポーツにおける日本らしさ」とは一体、何だろうか。

ラグビーの前日本代表ヘッドコーチ(HC)で現イングランド代表HCのエディー・ジョーンズ氏【写真:松橋晶子】
ラグビーの前日本代表ヘッドコーチ(HC)で現イングランド代表HCのエディー・ジョーンズ氏【写真:松橋晶子】

独占インタビュー後編、ラグビー世界的名将に聞く「日本らしさとは何なのか」

 近年、日本スポーツは選手の海外進出が積極的に進み、ボーダレス化が目覚ましい。その結果、国際舞台で「日本と世界」を意識する機会が増えている。日本が世界と戦う上で度々、キーワードとして浮上するのは「日本らしさ」だ。「日本らしい野球」「日本らしいバレー」といった表現で使われることをよく耳にする。英語で言えば「ジャパンウェイ」。サッカー日本代表の森保一新監督が就任会見で使っていたフレーズも記憶に新しい。しかし、「スポーツにおける日本らしさ」とは一体、何だろうか。

【特集】「新たな夢を与えてください」日本ラグビーが成長し続けるために必要なこと / ラグビー エディ・ジョーンズ氏(GROWINGへ)

「THE ANSWER」では、ラグビーの前日本代表ヘッドコーチ(HC)で現イングランド代表HCのエディー・ジョーンズ氏に独占インタビュー。「日本の部活指導」の課題について語った前編に続いて聞いた。15年のラグビー・ワールドカップ(W杯)イングランド大会では「ジャパンウェイ」を掲げ、歴史的3勝に導いた世界的名将。体格で劣る日本スポーツにおいて持ち前の敏捷性、伝統的な規律により、世界と渡り合うことはできるのか。ラグビーで世界一を知り、日本で指導経験も豊富な指揮官に語ってもらった。

 ◇ ◇ ◇

 とりわけ、チームスポーツで議論に挙がる「日本らしさ」。日本はもちろん、南アフリカ代表のテクニカルアドバイザーで07年W杯優勝、母国の豪州代表HCとして03年W杯準優勝と「日本と世界」を知るジョーンズ氏にとって、どんなものなのか。質問をぶつけると、明快な言葉で返してくれた。

「日本人は体つきが決して大きくない。個人ではなく、全体、チームでスピードを上げてプレーすること。頭を使って戦術的にプレーすること。物凄いファイティングスピリットを持って戦うこと。これが“ジャパンウェイ”だろう」

 まさに、それを実践したのが15年W杯イングランド大会だ。「ジャパンウェイ」をスローガンに掲げ、初戦の南アフリカ戦、世界的強豪を逆転で破り、「スポーツ史上最大の番狂わせ」とも言われた下剋上を達成。体は小さくとも全員で走り、最後まで粘り強く戦う姿勢を貫き、日本史上初の大会3勝。鮮烈なインパクトを残していた。

 当時、世界から称賛を浴びた「ジャパンウェイ」のフレーズはスポーツのムーブメントとなった。しかし、個の能力に頼りにくい「日本らしさ」を追求することは簡単ではない。「世界のトレンド」を追いかけ、追い越す方法もあるのではないか。日本スポーツは今後、どちらの道を歩んでいくべきなのか、ジョーンズ氏に問うた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー