[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • コラム
  • 上野由岐子は「世界一の投手」 “女イチロー”が語る鉄腕「後ろで守れるのは幸せ」

上野由岐子は「世界一の投手」 “女イチロー”が語る鉄腕「後ろで守れるのは幸せ」

久しぶりにソフトボールが日本中を沸かせた。8月2日から12日まで、千葉県内で開催されたソフトボールの世界選手権。エース上野由岐子(ビックカメラ高崎)は同日の午前中の準決勝(兼3位決定戦)、中3時間半での決勝戦と1日で17イニング、249球の魂の投球が注目を集めたが、その背中をセンターから、感慨深い思いで見つめていた選手がいる。現役にして、上野と並ぶ、日本ソフト界のレジェンド、“女イチロー”こと山田恵里(日立)だ。

日本ソフト界のレジェンド、“女イチロー”こと山田恵里【写真:Getty Images】
日本ソフト界のレジェンド、“女イチロー”こと山田恵里【写真:Getty Images】

“空白の10年間”山田が競技を続けられた理由とは

 久しぶりにソフトボールが日本中を沸かせた。8月2日から12日まで、千葉県内で開催されたソフトボールの世界選手権。ZOZOマリンスタジアムでの決勝戦で日本はタイブレークの末に米国に敗れ、準優勝に終わった。エース上野由岐子(ビックカメラ高崎)は同日の午前中の準決勝(兼3位決定戦)、中3時間半での決勝戦と1日で17イニング、249球の魂の投球が注目を集めたが、その背中をセンターから、感慨深い思いで見つめていた選手がいる。現役にして、上野と並ぶ、日本ソフト界のレジェンド、“女イチロー”こと山田恵里(日立)だ。

【特集】「金メダルで恩返しを」 ソフトボール界の天才打者が持ち続けた想い / ソフトボール 山田恵里(GROWINGへ)

 10年前、北京オリンピックでも同じ背中を見ていた。当時24歳の山田は決勝の米国戦で本塁打。完投した上野を援護し、日本に同競技初の金メダルを引き寄せた。しかし歓喜と同時に、ソフトボール界にとっては“冬の時代”の始まりでもあった。

 北京五輪を最後にソフトボールが、オリンピックの正式種目から除外されることが決まっており、最大の目標を失った格好の選手たちの多くは、北京を最後に競技の第一線からは退いた。山田も例外ではなかった。「1番辛かったのは2009、10年。オリンピック以降の2年間くらいはずっともやもやした気持ちがありました。気持ちが入らないというか、何のためにやっているかわからない。目標を見失っていました」と振り返る。

 無理もない。決してメジャースポーツではないソフトボール。オリンピックという最大の目標が消失してしまったのだ。それでも山田は“恩返しの気持ち”を支えに、競技を続けた。

「小中高生とソフトボールを続けている子はたくさんいて、そういう人たちのためにも頑張らなければいけない」という思いを胸に、上野と共に日本リーグで圧倒的な成績を残し続けたのだ。

 運命の日は2016年8月3日。五輪への復帰が決まったのだ。「何度か復活のチャンスがあると言われていましたが、復活できなくて……。率直に辞めようと思ったこともありました。辞めなくてよかった。復活してすごく嬉しく思いました」と心からの思いを吐き出した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー