[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 大谷翔平、本塁打率は驚異の「15.13」! 1年目のゴジラを上回り、MLB本塁打王級

大谷翔平、本塁打率は驚異の「15.13」! 1年目のゴジラを上回り、MLB本塁打王級

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は4日(日本時間5日)、敵地レンジャーズ戦に「2番・DH」でスタメン出場。6回の第3打席で右中間席へ16号ソロを叩き込んだ。左腕からの初の一発で、2003年の松井秀喜(ヤンキース)の1年目の数字に並び、日本人野手の1年目では06年の城島健司(マリナーズ)の18本に次いで2位タイとした。

松井の記録に並んだエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
松井の記録に並んだエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

大谷は15.13打数あたり1本、1年目の松井はその倍以上

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は4日(日本時間5日)、敵地レンジャーズ戦に「2番・DH」でスタメン出場。6回の第3打席で右中間席へ16号ソロを叩き込んだ。左腕からの初の一発で、2003年の松井秀喜(ヤンキース)の1年目の数字に並び、日本人野手の1年目では06年の城島健司(マリナーズ)の18本に次いで2位タイとした。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 打者としては4試合ぶりの出場となった大谷。1、2打席はタイミングが合わず連続三振に倒れていたが、1-4の6回先頭で迎えた第3打席でついにそのバットが火を噴いた。2ボール1ストライクからの4球目、左腕マイナーの86.4マイル(約139キロ)の外寄りのスライダーを完璧に捉えた。苦手のサウスポーをついに撃破し、飛距離413フィート(約125.9メートル)の右中間への豪快弾となった。

 松井氏に並んだ大谷だが、驚異的なのは本塁打率だ。242打数で16本に到達。本塁打率(打数÷本塁打数)は「15.13」。15打数に1本放っている計算となる。623打数を要したゴジラの「38.93」を大きく上回り、1年目トップの城島も「28.11」(506打数で18本塁打)で倍近いペースとなる。

 ちなみに今季両リーグトップの40本塁打を放っているアスレチックスのデービスは「12.38」(495打数で40本塁打)。大谷の数字はまさにMLBの本塁打王クラスとなる。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー