[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本サッカー史上唯一、W杯予選途中の解任劇 指揮官が語る「腹括った」瞬間

「代表はクラブと違って選手を育てることはできないけれど、いつでも取り替えられる。しかし結果については、クラブの何倍も厳しく跳ね返ってくる」―加茂周

“勝負運”を持っていた加茂が最後に目指したW杯出場の夢

「代表はクラブと違って選手を育てることはできないけれど、いつでも取り替えられる。しかし結果については、クラブの何倍も厳しく跳ね返ってくる」―加茂周

 加茂周は叩き上げで日本代表監督に上り詰め、指導者を志す下の世代に大きな希望を与えた。実際に現役時代に輝かしい実績がなくても、加茂を目標に研鑽を積み、指導者として成功した人物も少なくない。

 加茂は監督の醍醐味を次のように語っていた。

「集団を自分の意思で動かせて、しかも短期間で答えが出る。それが満員のお客さんの前で日本代表の試合ともなれば、大きな責任感とともにやり甲斐を感じますよ」

 人生では、努力が結果として開花するまで大きな時間を要する。一方サッカーの世界では、人生の何倍ものスピードで結果が判明していく。おそらく加茂は、このスピーディーなサイクルに魅了されたのだろう。

「私は運ひとつで生きて来た男ですから……」

 そう言って笑った。

 監督生活を通して、一発勝負のカップ戦には滅法強かった。天皇杯を5度制し、日本代表でもダイナスティカップやキリンカップで強豪国を下し優勝を経験している。

1 2 3

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近、選手主体のボトムアップ方式で部活に取り組む堀越高校サッカー部のノンフィクション『毎日の部活が高校生活一番の宝物』(竹書房)を上梓。『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(いずれもカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集