[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

菊地絵理香の3勝目に韓国メディアが反応 韓国人記者が抱く懸念とは…

先週開催された女子ゴルフツアー3戦目のTポイント・レディスで、菊地絵理香が今季初優勝、通算3勝目を飾った。この試合の勝利に反応を示したのが、韓国メディアだ。その理由は、昨年10月の「NOBUTA GROUPマスターズGC」レディスから8週連続で続いていた外国人選手の優勝が、ようやくストップしたからだ。

菊地絵理香の3勝目に韓国人メディアが反応 その理由とは

 先週開催された女子ゴルフツアー3戦目のTポイント・レディスで、菊地絵理香が今季初優勝、通算3勝目を飾った。

 この試合の勝利に反応を示したのが、韓国メディアだ。その理由は、昨年10月の「NOBUTA GROUPマスターズGC」レディスから8週連続で続いていた外国人選手の優勝が、ようやくストップしたからだ。

 韓国メディアを見ると、こんな見出しが目につく。

「日本ツアー9試合ぶりに優勝杯“奪還” 日本の歓呼」(スポーツ紙『スポーツ京郷』)

「久しぶりに日本の選手が優勝。菊地絵理香が勝つ」(ニュース総合サイト『ブレイクニュース』)

「奪還」や「久しぶり」といった言葉からは、韓国側の対立構造をあおるスタンスを感じなくもないが、実はそうした言葉の裏には日本のツアーで外国勢ばかりが勝つ流れを、彼ら自身がそこまでよく思っていないという本音も隠されている。Tポイント・レディスの取材に来ていた韓国人記者は、現在の日韓関係悪化による選手への影響を連想して、「こんなに日本人選手が勝てないと、韓国人選手の立場が悪くなるのでは」と懸念していた。

 もちろん、選手は皆プロとしてツアーに参戦し、勝つために全力でプレーしているが、韓国人選手関係者の間からも、他の外国人選手が優勝するくらいなら「菊地選手が勝って良かった」と、安堵した声が聞こえてきたほどだ。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集