[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • コラム
  • 川口能活の目 W杯6大会目で見せた初の展開 西野采配の妙と「一番の収穫」

川口能活の目 W杯6大会目で見せた初の展開 西野采配の妙と「一番の収穫」

サッカー日本代表は24日(日本時間25日)、ワールドカップ(W杯)ロシア大会1次リーグH組の第2戦でセネガルと2-2で引き分けた。1点を先制された前半34分に乾貴士(エイバル)、1-2と再び勝ち越された後の後半33分には途中出場の本田圭佑(パチューカ)がゴールを決め、勝ち点1を獲得。これで勝ち点4としており、1次リーグ突破を目指して第3戦のポーランド戦に臨む。

先制、勝ち越しを許しながらも粘り強く追いついた日本【写真:Getty Images】
先制、勝ち越しを許しながらも粘り強く追いついた日本【写真:Getty Images】

2度のビハインドを追いついた日本、精神面のタフさが一番の収穫

 サッカー日本代表は24日(日本時間25日)、ワールドカップ(W杯)ロシア大会1次リーグH組の第2戦でセネガルと2-2で引き分けた。1点を先制された前半34分に乾貴士(エイバル)、1-2と再び勝ち越された後の後半33分には途中出場の本田圭佑(パチューカ)がゴールを決め、勝ち点1を獲得。これで勝ち点4としており、1次リーグ突破を目指して第3戦のポーランド戦に臨む。

 先制、勝ち越しを許しながらも粘り強く追いついた日本。その戦いをW杯4大会出場の経験を持つ元日本代表GK川口能活(SC相模原)はどう見たのか。「THE ANSWER」では、第2戦のポイントや収穫、今後への課題などについて話を聞いた。

 ◇ ◇ ◇

 日本は先制されながらも下を向くことなく戦って同点に追いつき、後半に再びリードを奪われる苦しい展開になりながらも、交代出場の選手を含めた全員で同点ゴールを決めました。日本が出場した過去5大会のW杯を振り返っても、2度のビハインドを追いついたことは一度もありません。日本チームはメンタル面でのタフさを見せてくれましたし、この試合での一番の収穫と言えるでしょう。

 内容に目を移すと、前半の立ち上がりこそセネガルのスピードとサイドアタックに戸惑っていたように見えました。やはり局面でのスピードやパワー、身体能力は相手のほうが上。個と個の勝負に持ち込まれてしまうと苦しくなり、際どいクロスを入れられるシーンもありました。

 ですが日本はズルズルと下がるのではなく、勇気を持って前線から守備に走りました。これが最初のポイントです。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー