[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

川口能活の目 大迫は文句なしのMVP、GK目線で感じる失点シーンの選択肢

最高のスタートを切った試合を、W杯4大会出場の経験を持つ元日本代表GK川口能活(SC相模原)はどう見たのか。「THE ANSWER」では自身もアトランタ五輪で共に戦った経験がある西野朗監督の采配、勝敗を分けたポイントなどについてを聞いた。

試合後に笑顔を見せる日本代表の選手たち【写真:Getty Images】
試合後に笑顔を見せる日本代表の選手たち【写真:Getty Images】

川口能活の目 大迫は文句なしのMVP、GK目線で感じる失点シーンの選択肢

 サッカー日本代表は19日、ワールドカップ(W杯)ロシア大会1次リーグH組の初戦でコロンビアを2-1で下し、白星発進した。前半6分にMF香川真司(ドルトムント)のPKで先制すると、同点に追いつかれた後の後半28分にはMF本田圭佑(パチューカ)のCKをFW大迫勇也(ブレーメン)がヘッドで決めて勝ち越しに成功。そのまま1点のリードを死守した。

【特集】「本当に応援したくなるような戦いを――」闘将が日本代表に伝えたいメッセージ / サッカー 田中マルクス闘莉王選手インタビュー(GROWINGへ)

 相手は開始早々の一発レッドで10人となっており、数的有利を見事に勝利につなげた日本。最高のスタートを切った試合を、W杯4大会出場の経験を持つ元日本代表GK川口能活(SC相模原)はどう見たのか。「THE ANSWER」では自身もアトランタ五輪で共に戦った経験がある西野朗監督の采配、勝敗を分けたポイントなどについてを聞いた。

 ◇ ◇ ◇

 試合開始約1時間前に発表されたスターティングメンバーから、西野朗監督のゲームプランを見て取ることができました。ボランチに柴崎岳選手を起用し、ボールポゼッションしながら攻撃を仕掛け、自分たちが先手を奪うという意思が感じられました。センターバック(CB)に昌子源選手を起用したのはパラグアイ戦のパフォーマンスを評価した上で、スピードのあるコロンビアの前線の選手に対してカバーリング能力を期待したのでしょう。

 初戦の重要性を考えて守備重視で臨むという選択肢もありました。ですが西野監督は選手の個性を生かす戦い方を選びました。先に戦術を決めるのではなく、自分が選んだ23人の個性を生かす采配です。わずか1か月の準備期間の中で選手とたくさんコミュニケーションを取ったことが伝わってきましたし、選手の考えや意見を吸い上げる作業にも力を注いだと思います。日本が最大限の力を発揮できる準備をし、対戦相手をしっかり研究し、そしてこの試合で勝ち点3を取るための戦い方を示したのだと思います。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集