[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • コラム
  • 現役メジャー青木宣親が考える 能力の100%を発揮できる「最大集中」とは

現役メジャー青木宣親が考える 能力の100%を発揮できる「最大集中」とは

 米大リーグで今季からアストロズでプレーする青木宣親外野手が21日に都内でMLBジャパン主催の野球教室に参加した。昨年創設されたリトルリーグ全国大会「MLB CUP」で優勝した武蔵府中リトルの小学生と保護者を対象とした約2時間の指導では自身のノウハウを惜しみなく伝授。現役メジャーリーガーならではの「能力の100%を発揮できる方法」のヒントを明かした。

aoki

青木への質問「打席で緊張…どうしたらリラックスできる?」、答えは「ポイント作り」

 米大リーグで今季からアストロズでプレーする青木宣親外野手が21日に都内でMLBジャパン主催の野球教室に参加した。昨年創設されたリトルリーグ全国大会「MLB CUP」で優勝した武蔵府中リトルの小学生と保護者を対象とした約2時間の指導では自身のノウハウを惜しみなく伝授。現役メジャーリーガーならではの「能力の100%を発揮できる方法」のヒントを明かした。

 野球教室の最後に行われた質問コーナーが行われた時だった。保護者の一人から、こんな質問が飛んだ。

「打席では緊張してしまう子供たちが多い。どうしたら緊張することなく、リラックスして力を出させることができますか?」

 楽天・茂木栄五郎ら、プロ野球選手を何人も輩出している強豪チームでも打席になると緊張し、100%の力を発揮できないこともあるという。そんな悩みに対し、青木はメジャーで「僕がやっていること」として、こう答えた。

「球場ごとに『ポイント』を作るんです」

「ポイント」は補足するなら「『集中』のポイント」となるだろう。青木は球場の外野フェンスに書かれている文字を指さし、「例えば、ああいうものがポイントになる」と言った。

「ネクストバッターズサークルで待つ時、自分が決めたポイントを数秒間、じーっと見るんです。その時はポイントを見ることしか考えない。これをしたら集中するぞ、と決めてやっておくんです」

 チャンスで、あるいはピンチで打席に向かう際、気持ちが高ぶったり、弱気になったり、また大歓声が耳に入って気持ちが乱れることもある。そういう状況でも一瞬、「無」になって、不要な心の重圧を排除する視覚的要素を作り、集中に結び付けていく。

 こうして青木は世界最高峰の舞台でも結果を残し、すでに4年間、メジャーの第一線でプレーしている。その「ポイント作り」は野球だけでなく、ほかの競技にも置き換えられるだろう。ポイントは本人が決めさえすれば、どこでも作り出すことができるからだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー