[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥の突出した「当て勘」の能力 264秒TKO生んだ“見えないパンチ”の凄さとは

ボクシングの元WBC世界ライトフライ級チャンピオンである木村悠氏が、ボクサー視点から競技の魅力や奥深さを伝える連載「元世界王者のボクシング解体新書」。今回は、ボクシングのWBAスーパー&IBF&WBC世界バンタム級3団体統一王者となった井上尚弥(大橋)の凄さについて。7日のノニト・ドネア(フィリピン)戦は開始わずか264秒、2回TKO勝ちという圧倒的な強さを見せたが、そこには井上のどんな技術が隠されていたのか。元世界王者は“見えないパンチ”を生み出す「当て勘」こそが、井上の突出した能力だと称えている。

“見えないパンチ”を生み出す、井上尚弥の突出した「当て勘」の能力【写真:荒川祐史】
“見えないパンチ”を生み出す、井上尚弥の突出した「当て勘」の能力【写真:荒川祐史】

連載「元世界王者のボクシング解体新書」:相手が気づかないうちにもらう驚異のパンチ

 ボクシングの元WBC世界ライトフライ級チャンピオンである木村悠氏が、ボクサー視点から競技の魅力や奥深さを伝える連載「元世界王者のボクシング解体新書」。今回は、ボクシングのWBAスーパー&IBF&WBC世界バンタム級3団体統一王者となった井上尚弥(大橋)の凄さについて。7日のノニト・ドネア(フィリピン)戦は開始わずか264秒、2回TKO勝ちという圧倒的な強さを見せたが、そこには井上のどんな技術が隠されていたのか。元世界王者は“見えないパンチ”を生み出す「当て勘」こそが、井上の突出した能力だと称えている。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 ◇ ◇ ◇

 7日に行われたバンタム級3団体統一戦で、井上尚弥が元世界5階級制覇王者のノニト・ドネアに2ラウンドTKOの圧勝を収めた。筆者も井上のKO勝利を予想していたが、まさか2ラウンドで決着がつくとは思ってもみなかった。井上の強さは一撃で相手をノックアウトするパンチ力と思われがちだが、それだけではない。スピード、スタミナ、テクニック、ディフェンスなど総合力の高さと、穴のない完璧なボクシングこそ彼の強みだ。

 そのなかでも突出している能力を挙げるならば、「当て勘」だろう。ボクシングでは必ずしも速いパンチが当たるわけではない。打つタイミングを気づかれてしまえば、相手にガードされてしまう。

 しかし、井上のパンチは非常にコンパクトでタイミングが読みづらく、相手は気づかないうちにパンチをもらってしまう、いわゆる「ノーモーション」というものだ。特に軽量級でKOの多い選手は、このパンチに特化している。

 バンタム級で12回の王座防衛を果たした山中慎介氏も、“神の左”という見えないパンチを持っていた。対戦相手からは「左が武器と分かっていても、タイミングが分からないので気づいたら倒れていた」という話も聞く。

 今回、井上が1回目にダウンを奪ったパンチも驚くべきものだった。ドネアが先にパンチを放ったにもかかわらず、井上のパンチのほうが先に到達していたのだ。試合中、同様のケースが多々あった。

 このように気づいたらもらっているような、“見えないパンチ”が相手に与える影響は大きい。ドネアは試合後に自身のYouTubeチャンネルで「完全に意識が飛んで、過去にもらったなかで一番強烈なパンチだった」と語っている。

 相手の打つ気配を感じ取り、体が反射的にパンチを打ったのだろう。打つ時に余計な予備動作がないのも、そのためだ。井上のパンチはスムーズで、力みがないのに強烈なのが特長だ。

1 2

木村 悠

1983年生まれ。大学卒業後の2006年にプロデビューし、商社に勤めながら戦う異色の「商社マンボクサー」として注目を集める。2014年に日本ライトフライ級王座を獲得すると、2015年11月には世界初挑戦で第35代WBC世界ライトフライ級チャンピオンとなった。2016年の現役引退後は、株式会社ReStartを設立。解説やコラム執筆、講演活動、社員研修、ダイエット事業など多方面で活躍。2019年から『オンラインジム』をオープンすると、2021年7月には初の著書『ザ・ラストダイエット』(集英社)を上梓した。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集