[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

楢﨑正剛が太鼓判 「勝ち点1を奪った」磐田GKのワンプレー、注目すべきは「目線」

スポーツチャンネル「DAZN」とパートナーメディアで構成される「DAZN Jリーグ推進委員会」との連動企画で、元日本代表GKとして活躍した楢﨑正剛氏は2022シーズンのJ1リーグ、5月の「月間ベストセーブ」にジュビロ磐田GK三浦龍輝のプレーを選出した。どんなシーンに楢﨑氏の目が光ったのか。(取材・構成=藤井 雅彦)

ジュビロ磐田のGK三浦龍輝【写真:Getty Images】
ジュビロ磐田のGK三浦龍輝【写真:Getty Images】

【DAZN月間表彰】今回の選出ポイントは「スムーズに動けているかどうか」

 スポーツチャンネル「DAZN」とパートナーメディアで構成される「DAZN Jリーグ推進委員会」との連動企画で、元日本代表GKとして活躍した楢﨑正剛氏は2022シーズンのJ1リーグ、5月の「月間ベストセーブ」にジュビロ磐田GK三浦龍輝のプレーを選出した。どんなシーンに楢﨑氏の目が光ったのか。(取材・構成=藤井 雅彦)

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 ◇ ◇ ◇

 元日本代表GK楢﨑正剛氏が5月に行われたJ1リーグをつぶさに観察。月間ベストセーブに選んだ場面の基準を語った。

「スムーズに動けているのかどうかは大きなポイントです。無駄な動きやステップ、あるいは自作自演に近いようなセーブではなく、一つひとつの事象に丁寧に応対し、体を動かすこと。それが結果としてベストなプレーにつながると考えています」

 それを踏まえて選んだシーンは、5月25日に行われたJ1第15節ヴィッセル神戸対ジュビロ磐田の一戦にあった。

 前半39分、神戸が自陣からロングカウンターを仕掛ける。左サイドをDF酒井高徳が持ち上がり、ゴール前へクロスを送る。ファーサイドに流れながらボールを受けたFW武藤嘉紀がワンタッチで折り返し、走り込んだMF井上潮音がバウンドしていたボールを的確にとらえてダイレクトで狙った。

 そこに立ちはだかったのが、磐田のGK三浦龍輝だ。至近距離からの強烈なシュートを左手一本でストップし、CKへ逃れる。会心のワンプレーが飛び出した試合はスコアレスドローのまま終了し、アウェイゲームで貴重な勝ち点1を持ち帰ることに成功した。

 楢﨑氏が注目したのは三浦の目線だ。

「このシーンでは酒井選手がドリブルで持ち上がったことでDFが剥がされ、ゴール前での対応を余儀なくされました。GKとしてはボールを持っている選手(酒井)と前線で待っている選手(武藤)は目線で追えていたはず。クロスに対してアプローチするために、通常よりも前に出たポジションを取ったのでしょう。でもクロスのコースと軌道を見極めて次の準備が必要になりました。

 武藤選手がダイレクトで狙ってくる可能性もあるので、わずかながらゴールに戻るような形でシュートへの準備をしているのも良かった点。実際には折り返したボールを後方から走り込んでくる井上選手にシュートされるわけですが、ここへの準備もスムーズでした。目線が右、左、真ん中と目まぐるしく変わる中で、最後は難しいシュートにもしっかりと対応しました」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集