[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本最速・田中希実が「怖いな」と警戒 同僚ライバル・後藤夢が生んだ抜群の相乗効果

7月のオレゴン世界陸上の代表選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権が、12日まで大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。女子1500メートル決勝では、22歳の後藤夢(豊田自動織機)が4分15秒65の2位。東京五輪で日本人初の8位入賞を果たした日本記録保持者の田中希実とは、高校から現在までチームメイトだ。日本最速ランナーと最も近い場所で切磋琢磨する日々は、確かに成長を後押ししている。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

表彰式で笑顔を見せた1500m2位の後藤夢(奥)と優勝の田中希実(手前)【写真:奥井隆史】
表彰式で笑顔を見せた1500m2位の後藤夢(奥)と優勝の田中希実(手前)【写真:奥井隆史】

田中希実と高校からチームメートの後藤夢、日本選手権1500mで2位に

 7月のオレゴン世界陸上の代表選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権が、12日まで大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。女子1500メートル決勝では、22歳の後藤夢(豊田自動織機)が4分15秒65の2位。東京五輪で日本人初の8位入賞を果たした日本記録保持者の田中希実とは、高校から現在までチームメイトだ。日本最速ランナーと最も近い場所で切磋琢磨する日々は、確かに成長を後押ししている。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 ◇ ◇ ◇

 ただ一人、猛然と突き進む戦友を必死で追った。女子1500メートル決勝。残り1周で集団を引き離す田中から10メートル、後藤がくらいついた。ラスト100メートルで歯を食いしばる。3連覇を飾った田中に3秒82差の2位。息も整わぬまま、2人は顔をくしゃくしゃにして思い切り抱き合った。苦楽をともにするからこそ、気持ちが通じ合っていた。

 世界陸上の参加標準記録は4分04秒20だった。「何番でもいいから、タイムを切って順位がついてきたら」とこだわって臨んだ決勝。目標には届かなかったが、自己最高位に食い込んでみせた。

 田中とは中学から互いを知り、兵庫・西脇工高でチームメートに。高校駅伝など全国大会で活躍し、多くの時間と空間を共有した。卒業後も一緒に同志社大スポーツ健康科学部に進学。陸上部に所属せず、田中の父・健智コーチのもとで走りを磨いてきた。高校から数えれば7年間の付き合い。4月からともに豊田自動織機に入社し、切磋琢磨を続けている。

 田中が複数種目で日本記録を塗り替え、東京五輪で輝きを放ってきた一方、まだ日向にいる存在とは言い難い。しかし、一般ファンから見ればそんな立ち位置にいても、田中はその姿に警戒心を強めていた。

 後藤が5月後半の米国遠征から一足先に帰国したため、日本選手権までの最終調整は別々。田中は一人で走った日々を振り返る。

「気持ちの強さは、ずっと春先から見させてもらっていた。凄く怖い部分もありました。最終調整は別々。同じチームでも互いに孤独な部分があったので、その孤独を制した後藤選手の強さも怖いなと思ってました。互いに孤独な闘いをしていると認識していて、互いをリスペクトしている状態で日本選手権に臨むことができた。だからこそ、互いを称え合えたと思います」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集