[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、ドネア戦の背中に“鬼が宿った瞬間”に世界王者も驚き「リアルに顔に…」

ボクシングのWBAスーパー&WBC&IBF世界バンタム級王座統一戦で勝利した井上尚弥(大橋)。39歳ノニト・ドネア(フィリピン)との再戦を2回TKOで圧倒し、夢の4団体統一へ前進した。井上は対戦を振り返り「あれだけ必死こいてトレーニングしたんだもんな。。」と自身の肉体のある部位に自ら脚光。別階級の日本人世界王者からも「リアルに鬼の顔になってない?」と驚きの声が寄せられている。

バンタム級3団体統一を果たした井上尚弥【写真:荒川祐史】
バンタム級3団体統一を果たした井上尚弥【写真:荒川祐史】

井上本人も自賛した一瞬とは

 ボクシングのWBAスーパー&WBC&IBF世界バンタム級王座統一戦で勝利した井上尚弥(大橋)。39歳ノニト・ドネア(フィリピン)との再戦を2回TKOで圧倒し、夢の4団体統一へ前進した。井上は対戦を振り返り「あれだけ必死こいてトレーニングしたんだもんな。。」と自身の肉体のある部位に自ら脚光。別階級の日本人世界王者からも「リアルに鬼の顔になってない?」と驚きの声が寄せられている。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 2019年11月以来、2年7か月ぶりとなったドネアとの再戦。12ラウンドを戦った前回とは一転、わずか264秒で勝負は決した。最後は井上が左フックでドネアを大の字にして決着。日本人初の3団体統一の偉業を成し遂げた。

 井上はこの一戦をツイッターで回顧。ドネアをコーナーに追い詰め、顎に左の強烈な一撃を食らわせた際の画像を公開した。着弾の瞬間が収められているが、後ろ側から撮られた井上の広背筋は盛り上がり、逞しさが溢れている様子。パンチの瞬間で力も入っており、細かい筋肉までしっかりと鍛え上げられていることが分かる。

「あれだけ必死こいてトレーニングしたんだもんな。。背筋も喜んでるわ。」と文面に記した井上。これに10日(日本時間11日)のWBA世界ライトフライ級王座統一12回戦に勝利した京口紘人は「リアルに鬼の顔になってない?」と反応。ファンからも「カッコよすぎ…」「痛いの超えてる」「本物のバキバキ」「どれだけのトレーニングを積んできたのか…」「古代ローマの彫刻かな?」「そりゃドネアも記憶ぶっ飛びますわ」「こんな背筋 初めて見た」「とても軽量級とは思えない背中」などと驚きのコメントが書き込まれた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集