[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

現役世界最強馬、ムチなし楽勝で8戦8勝&G1を4連勝 海外衝撃「フランケル以来最強だ」

海外競馬のG1クイーンアンステークス(芝1600メートル)が14日、英アスコット競馬場で行われ、バーイード(牡4、W.ハガス)が持ったまま楽勝。マイルG1で4連勝を飾り、無傷のデビュー8連勝とした。あまりの強さに海外競馬ファンからも「一生に一頭の馬だ」「なんてモンスターだ」「フランケル以来最高の馬だ」との声が上がっている。

マイルG1で4連勝を飾り、無傷のデビュー8連勝としたバーイード【写真:ロイター】
マイルG1で4連勝を飾り、無傷のデビュー8連勝としたバーイード【写真:ロイター】

クイーンアンSで圧勝したバーイードに絶賛の嵐

 海外競馬のG1クイーンアンステークス(芝1600メートル)が14日、英アスコット競馬場で行われ、バーイード(牡4、W.ハガス)が持ったまま楽勝。マイルG1で4連勝を飾り、無傷のデビュー8連勝とした。あまりの強さに海外競馬ファンからも「一生に一頭の馬だ」「なんてモンスターだ」「フランケル以来最高の馬だ」との声が上がっている。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 伝統のロイヤルアスコット開催初日に衝撃レースだ。直線のマイル戦、2番手につけたバーイードは逃げ馬の直後で脚をためた。そして、残り600メートルを切ると、追撃態勢に入る。しかし、驚きはこの直後だ。他の7頭が激しく手綱をしごき、スパートをかける中、持ったまま逃げ馬をかわして先頭に立つ。軽く仕掛けただけで突き放すと、あとはステッキを入れることなく2馬身を保って楽勝。マイルG1で4連勝を飾ったのだ。

 バーイードは3歳の昨年6月にデビュー。9月のムーランドロンシャン賞でG1初制覇を飾り、10月のクイーンエリザベス2世ステークス、8か月ぶりの休養明けとなった5月のロッキンジステークスも圧勝し、デビュー以来負けなし。今月10日に発表されたIFHA(国際競馬統括機関連盟)のロンジンワールドベストレースホースランキングで1位にランクされた。目下の世界現役最強馬が8戦8勝で強さを改めて証明した形だ。

 英専門メディア「アット・ザ・レーシーズ」公式ツイッターは「スペシャルな競走馬だ! バーイードがクイーンアンステークスの衝撃的な勝者に」とレースを動画付きで紹介。「個人的には世界最高の馬だ」「一流だ」「一生に一頭の馬だ」「なんてモンスターだ」「なんてロケットだ!」「信じられない馬だな!」と驚きの声も上がり、「フランケル以来最高の馬だ」「次のフランケルか?」と14戦無敗で引退した最強マイラー、フランケルの再来を予感する声も多かった。

 7月27日は同じく古馬の英マイルG1サセックスS(芝1600メートル)が控えており、もし出走すれば日本馬のバスラットレオン(牡4)との対決の可能性もある。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集