[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

あの日、ブルペンの田中将大に変えられた野球人生 元楽天38歳、引退後の今明かす秘話

「THE ANSWER」の連載「Restart――戦力外通告からの再出発」に登場した元プロ野球選手で、現在は楽天野球団のアカデミーコーチとして活動する青山浩二さん。インタビューの中で掲載できなかった現役時代の秘話を「こぼれ話」としてここで紹介する。

現役引退後、楽天野球団のアカデミーコーチとして活動する青山浩二さん【写真:楽天野球団提供】
現役引退後、楽天野球団のアカデミーコーチとして活動する青山浩二さん【写真:楽天野球団提供】

楽天野球団のアカデミーコーチを務める青山さん、田中将大との絆とは

「THE ANSWER」の連載「Restart――戦力外通告からの再出発」に登場した元プロ野球選手で、現在は楽天野球団のアカデミーコーチとして活動する青山浩二さん。インタビューの中で掲載できなかった現役時代の秘話を「こぼれ話」としてここで紹介する。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 青山さんには、「彼と出会ったのがターニングポイント」と振り返る縁がある。北海道・駒大苫小牧高で活躍し、2006年の高校生ドラフト1位で入団してきた田中将大投手だ。

“怪物”として注目された田中とは、沖縄・久米島キャンプで同部屋だったこともあり、自然と仲良くなった。甲子園の活躍などで知名度はずば抜けていたため「かいくぐりながら」も仙台でよく食事を共にしていた。

 数年が経ったある日。田中のブルペン投球を何気なく眺めていた青山さんは、彼の武器であるスライダーを真似してみることにした。元々投げていた球種ではあるが、人差し指と中指を2シーム(縫い目)にかけて投げる握りに変更。「これが凄くハマった」。武器を手に入れて飛躍し、15年間で通算625試合に登板するまでになった。楽天イーグルスの生え抜きでは史上最多登板だ。

「お金を稼ぐボール、マネーボールができましたね。今まで空振りしなかったバッターが空振りしたり、右バッターがのけ反ったり。これは使えるなと思って投げ続けたら、15年間もできました」

 田中のメジャー挑戦以降も、帰国時に食事をするなど交流は続いた。青山さんは2020年限りで引退。その年も帰国していた田中と食事したが、数日後の引退セレモニーに動画でサプライズメッセージが届き、驚いた。「いつ撮ったんだよ?! と思って(笑)。1~2日しか日本にいられなかったはず。凄く嬉しかったです」。懐かしそうに、笑顔で振り返ってくれた。

 青山さんの引退翌年から、田中は楽天イーグルスに帰ってきた。「あと1年(引退を)我慢したら一緒にやれたのに、とも思いましたけど、それも運命かなと。自分が球団から離れていないから、一緒と言えば一緒。そこも縁があるなと思います」。引退後は東北6県の子供たちを指導中。今も第一線でプレーし続ける田中にエールを送りつつ、第二の人生で奮闘している。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集