[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日韓W杯から17年後の「奇跡」 日本ラグビーの歴史的勝利で一変したエコパの未来

全県で応援されるチームを目指す静岡ブルーレヴズ。ヤマハが名称から企業名とジュビロの名前を外した【写真:宇都宮徹壱】
全県で応援されるチームを目指す静岡ブルーレヴズ。ヤマハが名称から企業名とジュビロの名前を外した【写真:宇都宮徹壱】

サッカーとの共存共栄、エコパを「ラグビーの聖地」へ

 かくして「ラグビー聖地化検討会」が立ち上がる。参加したのは、県とラグビーの県協会、ヤマハ発動機ジュビロ、女子7人制ラグビーのアザレア・スポーツクラブ。「ラグビーW杯のレガシーをどう生かすべきか」「育成年代のラグビー人口を増やすにはどうすればいいか」といった議論を重ねるなか、具体的なアクションも生まれた。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

「まず『競技団体をしっかりしなければ』ということで、県協会が任意団体から一般社団法人になりました。そして昨年6月のリーグワン発足に向けて、ヤマハが『静岡ブルーレヴズ』に改称したんです。企業名とジュビロの名前を外し、静岡を名乗るようになったのは、全県で応援してもらえる存在を目指しているからでしょうね」

 ちなみにブルーレヴズは、これまではヤマハスタジアムを本拠地としてきたが、今年3月27日には日本平で、そして4月23日にはエコパでもホームゲームが行われている。また、エコパでは5月14日と15日、女子7人制のラグビー大会(太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ2022)も開催された。

 とはいえ、サッカーへの対抗意識があるわけではない。県内のラグビーとサッカーは仲が悪いわけでないし、エコパの指定管理者も県のサッカー協会。となれば、サッカーとの共存共栄を図りながら、ラグビーによるエコパの利活用を広げていくことが今後のテーマとなるのは必定。その具体的なプランについて、大石はこう語る。

「エコパはスタジアムを含めて、周辺にピッチが6面ありますから、ポールを立てればそれなりの規模のラグビー大会も誘致できます。実現すれば、それもまた『聖地づくり』の一環になるはずです。エコパがラグビーで盛り上がったのは、確かに偶然ではありました。けれども、せっかくラグビーで静岡が注目されたんですから、この偶然をレガシーとして残していく。それも私たちの役割だと思っています」

 2002年のW杯スタジアムが17年後のラグビーW杯で脚光を浴び、さらには新たなラグビーの聖地が「サッカー王国」に生まれようとしている。エコパをめぐって今後、どのようなストーリーが展開されるのか、引き続き注目したい。(文中敬称略)

(宇都宮 徹壱 / Tetsuichi Utsunomiya)

1 2 3 4 5

宇都宮 徹壱

1966年生まれ。東京藝術大学大学院美術研究科修了後、TV制作会社勤務を経て97年にベオグラードで「写真家宣言」。以後、国内外で「文化としてのフットボール」を追う取材活動を展開する。W杯取材は98年フランス大会から継続中。2009年度ミズノスポーツライター賞最優秀賞を受賞した『フットボールの犬 欧羅巴1999-2009』(東邦出版)のほか、『サッカーおくのほそ道 Jリーグを目指すクラブ 目指さないクラブ』(カンゼン)、『蹴日本紀行 47都道府県フットボールのある風景』(エクスナレッジ)など著書多数。17年から『宇都宮徹壱WM(ウェブマガジン)』を配信している。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集