[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ゴルフ界で「お金をかけずに強くなる」実践 プロになった娘のキャディー務めた父の幸せ

国内女子ゴルフ今季第2戦・明治安田生命レディスは、サイ・ペイイン(京豊エンジニアリング)のツアー初優勝で終えた。注目された双子の岩井姉妹は姉の明愛(あきえ=Honda)が予選落ちで、妹の千怜(ちさと=Honda)が32位だった。2人にとっては今季初戦。千怜のキャディーを務めた父・雄士さんの思いを電話で聞いた。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

今季初戦は32位に入った岩井千怜【写真:Getty Images】
今季初戦は32位に入った岩井千怜【写真:Getty Images】

女子ゴルフ双子姉妹、岩井明愛&千怜の父・雄士さんに聞く

 国内女子ゴルフ今季第2戦・明治安田生命レディスは、サイ・ペイイン(京豊エンジニアリング)のツアー初優勝で終えた。注目された双子の岩井姉妹は姉の明愛(あきえ=Honda)が予選落ちで、妹の千怜(ちさと=Honda)が32位だった。2人にとっては今季初戦。千怜のキャディーを務めた父・雄士さんの思いを電話で聞いた。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 岩井姉妹と雄士さんは13日の夜、埼玉県内の自宅に着いた。大会最終日を終え、数時間後には航空機に搭乗。雄士さんは、疲れを感じさせずに言った。

「2人ともよく頑張りました。ショットでは、いい数値も出ましたし、自信にはなったと思います」

 言葉通り、予選2日間で明愛はフェアウェーキープ率82.14%(全体2位)、千怜は大会を通したパーオン率83.33%(全体8位)。ともにアプローチ、パットには課題が残ったが、そのポテンシャルを見せた。

 千怜と共に戦った自身のことを聞くと、雄士さんは「私はキャディーができて楽しかったです」と即答した。姉妹のアマチュア時代、ツアーで明愛のバッグを担いだことはあったが、千怜について機会がなかった。今季は2人とも「プロキャディーにお願いしていく」方針だが、前半戦は主催者推薦を待つ立場で、出場が急に決まるケースが多くなる。今大会もそうだったといい、明愛はプロキャディーを探し、千怜は雄士さんが立候補して担当することになった。

「仕事の休みが取れていたので、『お父さんに担がせて』と言いました(笑)。オフの間、タイミングが合えば2人のどちらかキャディーバッグを担いで練習ラウンドに付き合っていました。体作りもしてきて良かったです」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集