[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ワリエワはなぜ全ジャンプで両手を上げる? 「難しい」という先入観を壊した効果とは

インタビューゾーンに現れたワリエワは、氷上とは一変した15歳の女の子

 結果的に、女子にとって難度の高いトリプルアクセルを、ワリエワは「早めに回転をかけて」「高速回転させる」という両面で成功させているのだ。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 もちろん、これはワリエワだからできる高度な技術。回転を速めたいからといって、他の女子がトリプルアクセルで両手を上げるのは難しいだろう。ワリエワでさえ、4回転トウループは13歳で成功したものの、トリプルアクセルは15歳となった今季が初成功。この北京五輪でも、トリプルアクセルの可否が、彼女の唯一の不安要素と考えられてきた。

 2月6日の団体戦SPでは、まったくブレも迷いもない軽やかなトリプルアクセルを、両手を上げて成功。五輪史上、女子で4人目のトリプルアクセル成功者となった。

 うさぎのティッシュケースを抱きしめながらインタビューゾーンに現れたワリエワは、氷上とは一変した15歳の女の子だった。

「今日の演技前はちょっと緊張していましたが、氷に乗ったら落ち着いて、いつもどおり、やるべきことをやれました。亡くなったお婆さまに捧げる気持ちで、魂を込めて滑ったので、最後のポーズを取った時、ちょっと感情的になりました」

 ワリエワの伝説は、2月15、17日の個人戦へと続いていく。

(野口 美惠 / Yoshie Noguchi)

1 2 3

野口 美惠

元毎日新聞記者のスポーツライター。冬季五輪は2010年バンクーバー大会から現地取材。自身のフィギュアスケート経験をもとに技術面を丁寧に描写した記事に定評がある。スポーツ専門誌などに幅広く寄稿。著書に『伊藤みどり トリプルアクセルの先へ』(主婦の友社)、『羽生結弦 王者のメソッド』(文藝春秋)など。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集