[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

なぜ、柔道・大野将平は言葉まで強いのか 他競技の選手すら心が震えた東京五輪の名言

柔道の大野将平(旭化成)がTHE ANSWERの単独インタビューに応じ、独自の言葉学について考えを明かした。東京五輪73キロ級で連覇を達成した柔道界の絶対王者。金メダル直後のインタビューで「自分が何者であるかを証明する戦いができた」とコメントし、その言葉がファンのみならず、他競技のアスリートに感銘を与えた。なぜ、大野は柔道だけでなく言葉も強いのか。前編では東京五輪を振り返りながら、あのインタビューの裏側にあった想いを語った。(文=THE ANSWER編集部・神原 英彰)

大野将平が語った東京五輪の“名言”の裏にある想い【写真:荒川祐史】
大野将平が語った東京五輪の“名言”の裏にある想い【写真:荒川祐史】

単独インタビュー前編、東京五輪で残した“名言”の裏にある想い

 柔道の大野将平(旭化成)がTHE ANSWERの単独インタビューに応じ、独自の言葉学について考えを明かした。東京五輪73キロ級で連覇を達成した柔道界の絶対王者。金メダル直後のインタビューで「自分が何者であるかを証明する戦いができた」とコメントし、その言葉がファンのみならず、他競技のアスリートに感銘を与えた。なぜ、大野は柔道だけでなく言葉も強いのか。前編では東京五輪を振り返りながら、あのインタビューの裏側にあった想いを語った。(文=THE ANSWER編集部・神原 英彰)

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 ◇ ◇ ◇

「思い出すことはないです。遠い昔のように感じますね」

 あの東京五輪から4か月あまり。12月中旬に行ったインタビュー、大野将平は努めて淡々と言葉を並べた。「(仕事で)持ってきてほしいと言われるから」という理由で金メダルはバッグやスーツケースが所定の位置。「手に入らないから」という理由で試合の中継映像もまだ見ていない。

 しかし、4か月経ったタイミングだから聞きたいことがあった。その言葉についてである。

 金メダル直後、中継局のカメラの前に立った大野は「リオデジャネイロ五輪を終えて、苦しくて、つらい日々を凝縮したような一日でした」と戦いを振り返り、表彰式でメダルを胸に提げた後には「自分は何者であるかを確かめるために、証明するために戦うことができました」と言った。

 一人称に「私」を使う男性アスリートとして稀有な存在である大野は、柔道だけでなく、言葉も強い。

「周りにいじられ半分で『作家がついている』と言われましたが、五輪は結果がどうあれ、試合直後にミックスゾーンを通らなければいけない。畳を降りて1分後くらい、息が上がった状態で質問は想定できず、予め話す内容も決められない。素直な自分の心を、そのまま言葉に表現したと思います」

 当時をこう振り返った。強い印象を残した「自分は何者であるかを――」のコメントについて「それは、いわゆる周りの声なんです」と大野。東京五輪を前に「大野は2連覇するだろう」「勝って当たり前じゃないか」という声が、否が応でも聞こえてきた。

「この東京五輪で周りの期待に応えること、期待以上のものを表現すること。それをするからこそ、やはり『柔道家・大野将平』と思われ、『柔道家・大野将平』としての価値があると思っていた。だから、自分が自分であることを確かめるために、その2連覇での証明が必要だったのです」

 アスリートとしての深い心情が滲んだ言葉は、アスリートそのものに共鳴した。その一人が、スピードスケートの小平奈緒だ。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集