[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

夢は「双子でプレーオフ」 女子ゴルフで話題の岩井姉妹、2022年に立てた逆襲プラン

明愛「早く千怜とレギュラーツアーで優勝争いがしたい」、千怜「いつか姉妹プレーオフを」と互いに胸を膨らませた
明愛「早く千怜とレギュラーツアーで優勝争いがしたい」、千怜「いつか姉妹プレーオフを」と互いに胸を膨らませた

目標は姉妹でのプレーオフ、千怜「お互いを応援しながら」

明愛「早く千怜とレギュラーツアーで優勝争いがしたいです。千怜が優勝したステップの試合で、私は最終日を首位でスタートしましたが、千怜に逆転優勝されて『悔しい』とは思いませんでした。でも、今度は負けたくないですし、一緒にお客さんを沸かせたいです。ボールが池に入って、10センチより浅かったらまた打つかもしれないですね(笑)」

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

千怜「私が勝った次の試合に明愛が優勝しましたが、最終ホールでウォーターショットするとか、見ていて楽しかったです。私は慎重なタイプなのでマネはしませんが、お互いに強い気持ちでレギュラーツアーを戦い、いつか姉妹プレーオフをしたいです。そうなっても、最後まで話をして、お互いを応援しながらプレーすると思います(笑)」

 日本プロゴルフ史上、親族でのプレーオフは89年、国内男子ツアーのジュンクラシックで尾崎健夫、直道が通算9アンダーで並んで実現した1例がある。2ホール目で弟に勝利した健夫は「もう、こんなのは嫌」と話しているが、幼少期から競い合い、高め合ってきた岩井姉妹は、その状況さえも楽しむことだろう。ともに「長くトップレベルで活躍できる選手」を目指しており、支え合う存在。その目標に向け、今日も走り、クラブを握る。

 〇…光太は、大学を経てのプロ転向を目指している。8歳でゴルフを始め、全国中学選手権4位、高1で日本オープン出場などの実績がある。身長179センチでドライバー平均飛距離は約280ヤード。将来を嘱望されている選手の1人で、千怜に「いつか私たちが抜かされそうな気がします。ショット力は他の男子選手と比べてもすごいと思います」と言わしめている。将来の目標は、海外メジャー大会優勝。昨年のマスターズで松山英樹が初優勝したシーンを見て、「鳥肌が立ちました。そして、本気でここを目指したいと思いました」。当面の目標は、今年の全国高校選手権で団体、個人の優勝。そして、日本アマ、日本ジュニア、レギュラーツアーのいずれかで優勝することで、「特待生として大学に入りたいです」と話している。

■岩井明愛、千怜(いわい・あきえ、ちさと)2002年7月5日、埼玉・川越市で生まれ、3歳の時に川島町に転居。小1でゴルフを始め、千怜は中学で、明愛は高校で個人の全国優勝を経験。直近のデータで、明愛は161センチ。千怜は162センチ。弟の光太は、04年10月19日生まれ。8歳でゴルフを始め、179センチ、84キロ。

(THE ANSWER編集部・柳田 通斉 / Michinari Yanagida)

1 2 3 4 5
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集