[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

夢は「双子でプレーオフ」 女子ゴルフで話題の岩井姉妹、2022年に立てた逆襲プラン

自宅に設置した器具を使用してトレーニングを行う岩井光太。オフは例年、地元でトレーニングを行っていると話す
自宅に設置した器具を使用してトレーニングを行う岩井光太。オフは例年、地元でトレーニングを行っていると話す

注目された2021年、最終QT70位で明愛「不甲斐ない」

 岩井家にとって、2021年は忘れがたい年になった。姉妹はアマチュアとしてツアー大会出場を重ね、明愛はパナソニックオープンレディースで3位、6月のリゾートトラストレディスで12位に入った。埼玉栄高時代からの実績も踏まえ、姉妹で注目度が高まる中、プロテストにそろって一発合格(明愛3位、千怜9位)。雄士さん、恵美子さんは祈る思いだったというが、光太は違っていた。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

光太「僕は『2人ともテストは通るっしょ』という感じでいました。でも、600人以上が受けて20人程度しか通らないわけで、今は『すごいことをしたんだな』と思っています」

 プロになった姉妹は、9月のステップ・アップ・ツアーで史上初の姉妹2戦連続優勝を果たした。千怜はカストロールレディースで首位に3打差からの逆転、明愛は山陽新聞レディースカップで逃げ切り優勝。2位に3打差リードで迎えた最終18番パー5では、グリーン右の池から2度のウォーターショットを放った。

千怜「自分のやるべきことをやっていたら、スーッと自分の世界に入った状態になり、最後まで強気でプレーできました」

明愛「池の中から打ったのは初めてでした(笑)。最初のは、深め(水深約10センチ)で迷いはありましたが、『行っちゃえ』という感じでした。打ってみると、水圧はあまり感じなかったので、もっと振れば良かったです」

 姉妹への期待値はさらに上がった。だが、最終QTの結果は想定外のものになった。千怜は4日間を通して、アンダーパーがなく通算16オーバーの90位。明愛は第3日に69をマークして81位から59位に浮上、ツアー前半の大半に出場できる40位以内に入るチャンスはあったが、最終ラウンド(R)は75で通算8オーバーの70位で終えた。

千怜「調子が悪く、気分が乗らないという状態が続きました。終わってみて、最後まであきらめない心、調子が悪い中で修正できる力が必要だと感じました」

明愛「難しかったですね。気を抜いていい試合はないということも実感しました。3日目はいいゴルフができてあきらめてはいませんでしたが、不甲斐ないです」

 父も悔やんでいた。娘たちに、プロテストにも匹敵するQTの重要さを伝えきれていなかったことにだ。

「『普段通りでいいよ』『楽しんでこい』と伝えていたので、緊張感が足らなかったかもしれません。結果については2人ともショックだったと思います。同じ93期生でも、前半の19試合に出られる選手がいますから」

1 2 3 4 5
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集