[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

B2で首位独走、FE名古屋の強さとは? 10日間の隔離生活も…難敵を“26点差”で一蹴

バスケットボールのBリーグはコロナ禍の2021-22シーズンを、B1は22チーム、B2は14チームの体制で戦っている。B2からはB1ライセンスを持つ上位2チームが昇格する規定だ。

ファイティングイーグルス名古屋の石川海斗【写真:FE NAGOYA】
ファイティングイーグルス名古屋の石川海斗【写真:FE NAGOYA】

1選手にコロナ陽性判定、10日間の隔離生活を強いられるも仙台89ERSに2連勝

 バスケットボールのBリーグはコロナ禍の2021-22シーズンを、B1は22チーム、B2は14チームの体制で戦っている。B2からはB1ライセンスを持つ上位2チームが昇格する規定だ。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 ファイティングイーグルス名古屋がB2東地区首位、全体最高勝率と走っている。開幕前には昨季のB2得点王アンドリュー・“スクーティー”・ランダルを筆頭に、複数の有力選手を獲得していた。他にもエヴァンスルークは帰化選手で、11月のワールドカップ予選に出場している日本代表のビッグマン。石川海斗は終盤の勝負強さで知られるB2最高のポイントガードだ。少なくとも“足し算”で考えれば、優勝候補の筆頭に挙げられるメンバーを揃えていた。

 昨季まではオーナー企業・豊田通商で仕事をしながらプレーする選手がおり、練習の時間帯も夜だった。それが今季は全選手が競技に専念する体制に切り替わっている。また元千葉ジェッツのカルバン・オールダム氏をアシスタントコーチに迎えるなど、オフコートの体制が強化されていた。

 しかしチームは1月に入って、厄介なトラブルに見舞われた。越谷アルファーズ戦を終えた6日、選手の1人に新型コロナウイルスの陽性判定が出た。残りの選手やスタッフも「濃厚接触者」として10日間の隔離生活を強いられる。コンディションの維持が難しいなか、FE名古屋は1月22日の仙台89ERS戦を迎えていた。仙台はFE名古屋にとって東地区のライバルだ。

 FE名古屋は隔離期間を終えた1月17日に活動を再開していた。川辺泰三ヘッドコーチ(HC)は明かす。

「(隔離期間は)家にしかいられないので、体育館の器具を持っていく、足りないものは購入して送る対応をしました。トレーナーやチームドクターと相談をして月火に練習をやって、水曜日をオフにしました。身体を起こす練習に2日、相手の対策に2日。まったく準備はできていませんでした」

 昨季のFE名古屋は、新型コロナウイルスの感染者を出さずにシーズンを乗り切った。だから今回はクラブにとっては初めての隔離生活対応だった。木曜から本格的な練習を再開したものの、練習中には通常だと考えられないほどパスミスが続出。フリースローも「20本中14本くらい外す」(川辺HC)状態だったという。予定よりフリースローのメニューを増やして、チームは土曜の試合に臨んだ。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集