[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

B2で首位独走、FE名古屋の強さとは? 10日間の隔離生活も…難敵を“26点差”で一蹴

ディフェンス中心のチームだからこその強み

 他チームの経験を生かして事前に備えていた選手もいる。石川は説明する。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

「僕は元々、家の一部屋をトレーニングルームにしています。バイクがあるし、スケートの滑るやつもあるし、懸垂もある。昨シーズンに熊本でコロナが出た時に、その環境がないと体力が落ちてしまうと分かった。コロナのためだけではないですけど、いつ何どきそういうことがあってもいいように部屋を作りました」

 川辺HCは振り返る。

「体力より感覚が一番ブレるなと思いました。最初は天王山くらいの気持ちでしたけれど、10日間の隔離となったので……。まずできるだけ選手を使う、怪我なく……というところにかなり移行しました」

 そんな状態で迎えた22日の仙台戦だが、FE名古屋は仙台を95-69と一蹴してみせた。ランダルが26得点、ジェレミー・ジョーンズが19得点、エヴァンスルークが15得点とスコアが各選手に分散。“守備から速攻”の形がハマり、得点も伸びた。ベンチ入りした12選手が全員コートに立ち、得点を決める理想的な展開だった。

 石川は胸を張る。

「オフェンス中心のチームならば(感覚のズレが)大きく関係すると思うんですけど、僕らはディフェンスに重きを置いてやっている。身体が動けばディフェンスはできます」

 FE名古屋が多用するラインアップはエヴァンス、ランダル、ジョーンズの3ビッグ。エヴァンスは203センチ、ランダルが198センチ、ジョーンズは201センチとバスケット界の基準では“スモール”なビッグマンだ。ただこの3人はサイズのハンデがありつつ、インサイドの守備やリバウンドでいい仕事をしていた。

 川辺HCは説く。

「ウチはそもそもディフェンスのチームなので、そのインテンシティは相当高く求めています。リバウンドとルーズボールにダイブすること、ボールマンへのプレッシャーをしっかりかけること、コンタクトのあるディフェンスをすることをチームルールにしています。彼らはそれを愚直にやり続けていますし、機動力があるからこそフットワークで守れる。特にJJ(ジョーンズ)は元々ディフェンスのいい選手です。ゴンザガ大でも4番をやっていて、思っているよりビッグマンにつける」

 この3人の守備における強みはウイング、ガードまでほぼすべての相手につけること。マークのスイッチ(受け渡し)をしてもミスマッチが起こらず、相手はズレを作れない。

「スイッチは多くなるんですけれど、しっかりそこから対応できています。今のバスケットはピックからのズレを作るプレーが主流だけど、スイッチを上手に使うと(相手は)それができない」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集