[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

夢は「双子でプレーオフ」 女子ゴルフで話題の岩井姉妹、2022年に立てた逆襲プラン

鹿島神宮で撮影した3ショット。飛躍の1年にするために定めた3つの戦略とは
鹿島神宮で撮影した3ショット。飛躍の1年にするために定めた3つの戦略とは

「チーム岩井」が立てた2022年の戦略とは

 だが、終わったことをいつまでも悔やんではいられない。2022年シーズンはステップ・アップ・ツアーが主戦場になることを受け入れた上で、「チーム岩井」は事務所のマネジャーとともに下記の戦略を立てた。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

<1>前半戦に可能な限り出場

 1シーズン最大8試合の主催者推薦出場をできるだけ使い、メルセデス・ランキングのポイントを稼いでいく。

<2>リランキングで後半戦の出場権を獲得する

 シーズン19試合目のニッポンハムレディース(7月7~10日)終了時、シード選手及び当該年度優勝者以外は、メルセデス・ランキングのポイント順に並び替えられる。このリランキングで後半戦出場権の獲得を目指す。

<3>稲見萌寧の成功例を手本にする

 18年度のプロテストに合格した稲見は、同年の最終QTに進めず、同ランキング103位で19年シーズンを迎えた。しかし、前半戦7試合に出場し、1012万7333円を獲得。リランキング14位に入り、後半戦の出場権を獲得した。

 昨季賞金女王の稲見も、初めてのQTでは失敗していた。しかし、19年シーズンの前半戦7試合で3試合は予選落ちも、残り4試合は9位、29位、5位、3位と上位に入っている。そして、後半戦へとつなげている。つまり、岩井姉妹も、同様にトップ10入りなどの結果が求められる。

 文字通り、1試合も無駄にはできない状況。だが、出場した試合でトップ3に入れば、次戦の出場資格を得ることも踏まえ、姉妹は「試合に出られたら、必死になって頑張りたいです。そして、レギュラーツアーで優勝したいです」と声をそろえた。

 昨季もプロデビュー後、明愛はツアーに5試合、千怜は4試合出場もトップ10入りはない。ともに結果を残したステップ・アップ・ツアーとの「差」も痛感している。

明愛「私が言える立場ではないですけど、ステップは楽しみながらプレーできましたが、レギュラーツアーは常にバチバチで、1打の重みがとても大きい。それを感じました」

千怜「会場の雰囲気が違いますし、レギュラーツアーはグリーンを含めて難しいセッティングになっています。やはり、慣れている選手の方が有利というのを感じました」

 だが、状況でもプロの価値は結果で決まる。2人には新人ながら数多くのスポンサーが付くなど、注目度、期待値は高いままで、足踏みをするつもりはない。

1 2 3 4 5
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集