[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

あのW杯以来のラグビー日本代表戦 6月12日、おじさんファンの寝顔にも溢れた「幸せ」

2021年も多くのスポーツが行われ、「THE ANSWER」では今年13競技を取材した一人の記者が1年間を振り返る連載「Catch The Moment」をスタートさせた。現場で見たこと、感じたこと、当時は記事にならなかった裏話まで、12月1日から毎日コラム形式でお届け。第19回は、6月12日のラグビー日本代表VSサンウルブズの強化試合(静岡・エコパスタジアム)からお送りする。2019年ワールドカップ(W杯)以来の日本代表戦を1万8434人が観戦。長く続いたコロナ禍の閉塞感を打ち消す熱気だった。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

6月12日、W杯以来の試合を終え、スタンドに挨拶する日本代表【写真:編集部】
6月12日、W杯以来の試合を終え、スタンドに挨拶する日本代表【写真:編集部】

一人の記者が届ける「THE ANSWER」の新連載、第19回はラグビー日本代表戦

 2021年も多くのスポーツが行われ、「THE ANSWER」では今年13競技を取材した一人の記者が1年間を振り返る連載「Catch The Moment」をスタートさせた。現場で見たこと、感じたこと、当時は記事にならなかった裏話まで、12月1日から毎日コラム形式でお届け。第19回は、6月12日のラグビー日本代表VSサンウルブズの強化試合(静岡・エコパスタジアム)からお送りする。2019年ワールドカップ(W杯)以来の日本代表戦を1万8434人が観戦。長く続いたコロナ禍の閉塞感を打ち消す熱気だった。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の無料会員登録はこちらから

 ◇ ◇ ◇

 母が何気なく言った。

「あの頃は、みんな幸せやったね」

 5月末、実家のテレビに映っていたのは、19年W杯のハイライトだった。トライを決めた福岡堅樹が喜びを爆発させ、ボールを頭上にぶん投げた。スタンドには、密になりまくった超満員のファン。大声を張り上げ、隣の人と抱き合って歓喜に浸る。日本人も外国人も関係ない。肩を組んで歌った。マスクなんてしているわけがない。

 幸せを呼んだ空前のラグビーブーム。わずか数か月後、コロナが世の中を一変させた。20年1月に開幕したトップリーグは、史上最多3万7050人(1月18日・トヨタ自動車―パナソニック戦)の観衆を集めたが、第6節を終えた2月末に中断。そのまま3月にリーグ不成立となった。

 ラグビー界のさらなる発展にはW杯の熱を繋げる必要があったが、未曽有のウイルスにかき消された格好に。初の緊急事態宣言が出されていた時期、近所のスーパーに行くと、入り口で一つの貼り紙が目に留まった。「先日、来店したお客様用の消毒液が盗難に遭いました」。何かと閉塞感が漂う時代。ONE TEAMよ、どこ行った。たった半年前に大流行したフレーズが恋しくなった。

 スポーツ界でも長く続いたコロナとの闘い。21年1月、トップリーグは開幕が延期された末、大会フォーマットを再検討してなんとか開催にこぎつけた。6月12日、601日ぶりに日本代表戦が実現。この日ばかりは、普段の閉塞感が吹き飛ばされた。

 東京から静岡に向かう新幹線。停車するごとに、車内には桜のジャージが増えていく。最寄りの掛川駅のトイレには列ができた。スタジアム周辺は、グッズ売り場や写真撮影用の選手パネルがずらり。試合開始まで3時間以上もあった午後1時には、ラグビー少年、カップル、両親に手を引かれた幼稚園児、かっぷくの良い往年のファン、なんとなく見た感じ「にわかファン」っぽい人も大勢いた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集