[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大学ラグビー、日本一の行方は? “本命”帝京を追う早稲田&明治、関西勢の連覇なるか

12月5日の早明戦を終えて、大学ラグビーは地域リーグから全国大学選手権へとステージを切り替えた。すでに地方リーグチームが出場する1、2回戦を終了。朝日大(東海リーグ1位)が勝ち上がった12日の3回戦には、関西リーグ4位の同志社大が登場して、上位校の戦いがスタートする。昨季王座を掴んだ天理大ら関西大学リーグ勢の連覇はあるのか、それとも関東大学対抗戦グループで3季ぶりの優勝を果たした帝京大の捲土重来か。その帝京を追う早稲田大、明治大ら伝統校の巻き返し、悲願の日本一を目指す関東大学リーグ戦の雄・東海大の挑戦と、注目チームには事欠かない。各校の注目選手にもスポットを当てながら、大学日本一を賭したノックアウトトーナメントの行方を展望する。(文=吉田 宏)

早大のFB河瀬諒介に注目が集まる【写真:西村尚己/アフロスポーツ】
早大のFB河瀬諒介に注目が集まる【写真:西村尚己/アフロスポーツ】

12日の3回戦から上位校の戦いがスタート、軸は関東大学対抗戦で7戦全勝の帝京

 12月5日の早明戦を終えて、大学ラグビーは地域リーグから全国大学選手権へとステージを切り替えた。すでに地方リーグチームが出場する1、2回戦を終了。朝日大(東海リーグ1位)が勝ち上がった12日の3回戦には、関西リーグ4位の同志社大が登場して、上位校の戦いがスタートする。昨季王座を掴んだ天理大ら関西大学リーグ勢の連覇はあるのか、それとも関東大学対抗戦グループで3季ぶりの優勝を果たした帝京大の捲土重来か。その帝京を追う早稲田大、明治大ら伝統校の巻き返し、悲願の日本一を目指す関東大学リーグ戦の雄・東海大の挑戦と、注目チームには事欠かない。各校の注目選手にもスポットを当てながら、大学日本一を賭したノックアウトトーナメントの行方を展望する。(文=吉田 宏)

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の無料会員登録はこちらから

   ◇   ◇   ◇

 大学王者を決める戦いは、帝京大の9連覇の後は、明治大、早稲田大、天理大と王者が変わる群雄割拠の時代が到来。今季も4回戦からは、どのカードも予断を許さない戦いが続きそうだ。

 その中で、帝京に熱闘の軸になる期待が高まる。関東大学対抗戦を7戦全勝で勝ち抜いて3シーズンぶりに王座を奪還。強さの源泉は、対抗戦で圧倒的な強さを見せたスクラムだ。神奈川・桐蔭学園高時代から将来性を期待されてきた右PR細木康太郎(4年/桐蔭学園)が主将として、スクラムの要としてチームを牽引する。フロントロー勢だけでも押しの強さは学生随一だが、185センチ、108キロの江里口真弘(3年/大分東明)、192センチ、113キロの本橋拓馬(1年/京都成章)が並ぶ第2列からのプッシュも強烈だ。

 大学選手権の連覇が止まった2018年シーズン以降は、同じ対抗戦の明治、早稲田ら伝統校が選手獲得、チーム強化で巻き返してきたこともあり、優勝争いを演じながらも覇権に届かないシーズンが続いてきた。昨季までの戦いぶりを見ていると、実力的には互角に戦えているなかで、一つのミスや相手側に流れが傾いた時に、急速に動きが落ち、プレーが精彩さを欠く展開から、勝ちきれない試合が見られた。しかし、今季の帝京には、最後まで自分たちのラグビーを続けるためのメンタル、フィジカル両面の力強さが感じられる。残り10分を切ってから2トライを奪われながらも勝ちきった早稲田戦の終盤のパフォーマンスは、昨季までの数シーズンには見られないタフさを印象づけた。

 戦力も充実する。スクラムの強さが注目の細木主将だが、サイズに似合わない運動量、機動力で、ボールキャリーでもキーになる存在。その細木をさらに上回る運動量、そしてトライを奪う嗅覚を発散させるのがHO江良颯(2年/大阪桐蔭)だ。身長171センチとサイズには恵まれないが、体幹とバネのような筋肉、そしてコンタクトエリアで足をかき続けるような愚直なプレーと、大学随一のポテンシャルを持つアスリートは、選手権でもチームのキーマンだ。

1 2 3 4 5

吉田 宏

サンケイスポーツ紙で1995年からラグビー担当となり、担当記者1人の時代も含めて20年以上に渡り365日欠かさずラグビー情報を掲載し続けた。1996年アトランタ五輪でのサッカー日本代表のブラジル撃破と2015年ラグビーW杯の南アフリカ戦勝利という、歴史に残る番狂わせ2試合を現場記者として取材。2019年4月から、フリーランスのラグビーライターとして取材を続けている。長い担当記者として培った人脈や情報網を生かし、向井昭吾、ジョン・カーワン、エディー・ジョーンズら歴代の日本代表指導者人事などをスクープ。ラグビーW杯は1999、2003、07、11、15、19年と6大会連続で取材。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集