[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

世間を騒がせた、あの“山根問題”から3年 騒動から甦った「日本ボクシング連盟の今」

全日本選手権で取材を受ける並木月海、背後には各企業のロゴが入ったボードが置かれた【写真:(C)日本ボクシング連盟提供】
全日本選手権で取材を受ける並木月海、背後には各企業のロゴが入ったボードが置かれた【写真:(C)日本ボクシング連盟提供】

企業への挨拶回りも相手にされず、菊池氏「デメリットしかないですから(笑)」

菊池氏「最初は各企業に挨拶をして回りましたが、全く相手にされない状態でした。あの騒動の後だったので、企業にとってスポンサーになってもデメリットしかないですよね(笑)。印象が悪くなるだけ。(古くから関係が深い)用品メーカーの方々にはお付き合いしてもらっていましたが、それ以外は全くでした」

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 かつてはトップダウンで全てが決まる無法地帯。組織内の様々な規定整備を進め、競技普及や選手育成も推し進めた。小さな活動もメディアに取り上げられ、少しずつイメージが変化。現在は5社ほどがサポートしてくれている。今大会、選手のインタビューエリアの背後には、各企業のロゴが入ったボードを設置。菊池氏は「以前はあれもなかったんですよ。どこもついていなかったから」と苦笑いする。

 内田会長も「官庁関係のご指導のもと、洗いざらい見せてやってきました。お金に関する部分がしっかりしていることが大事」と語る。地道な活動が徐々に実を結んでいく中、前体制の悪いイメージ払拭へ、最も大きな転機が訪れた。

 東京五輪で入江聖奈が金、並木月海と田中亮明が銅で3つのメダルを獲得。普段はボクシングを見ない人々も快挙に沸いた。

内田会長「ボクシングのイメージが変わったと思います。マイナスなイメージのある選手は一人もいない。それが凄くプラスに働きました。競技として痛い、血が出るとかはあるのですが、以前は昔ながらの悪いイメージが残っていました。それがかなり少なくなったと思います。オリンピック選手たちの影響は凄く大きかったです」

 一昔前の“ガラが悪い”という印象がついて回った。近年はプロでもクリーンな選手が活躍し、イメージが変化している。特に入江は明るく謙虚なキャラクターで人気を集め、テレビ番組に引っ張りだことなった。内田会長は「昔から良い子はたくさんいましたが、そこをようやくわかってもらえるようになった」と感謝する。

 10月の世界選手権では、岡澤セオン、坪井智也が同じ日に日本人初優勝の快挙を果たした。日本代表による世界大会の連続した活躍。これは実力者が偶然集まったからではない。練習内容とスポンサーの資金援助において、「選手ファースト」を貫く日本連盟の改革があった。

(30日掲載の後編に続く)

(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集