[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

猛威振るう韓国女子ゴルファー エリート生み出す「62+12」システムとは

数十年前まで、海外でプレーする韓国人プレーヤーは多くなかった。韓国ゴルフが台頭し始めたのは2000年代からで、その原動力となっているのがアマチュアの“国家代表”(日本ゴルフ協会が選抜するナショナルチーム)選抜システムである。

20161107_lee

韓国ゴルフの強さ支える“国家代表”システムとは

 現在、女子ゴルフのレギュラーツアーでプレーしている韓国人選手は10人。賞金シードが与えられる選手が賞金ランキングの上位50位までという枠を考えると、約5分の1を占めている。そのほか、シード権を持たないQT(予選会)から出場権を持つ選手などを含めると、多いときには20人近い韓国人選手が、毎週開催されるトーナメントに出場していることになる。

 そもそも、実績がその強さを証明している。今季4勝で賞金ランキング1位を独走するイ・ボミは通算19勝、過去3度(2010、11、14年)も賞金女王を獲得しているアン・ソンジュは通算22勝。12年賞金女王の全美貞は通24勝。賞金ランキング2位が3回(03、08、11年)の李知姫は通算21勝。09年米ツアー賞金女王の申ジエは、国内通算13勝。そのほか、姜秀衍、イ・ナリ、金ナリは通算2勝。そのほか現役を退いた韓国人選手の勝利数を含めると、その合計は100勝近くなる。

 ただ、これほど多くの韓国女子選手が海外で結果を残し始めたのは、最近のことで、数十年前まで、海外でプレーする韓国人プレーヤーは多くなかった。韓国ゴルフが台頭し始めたのは2000年代からで、その原動力となっているのがアマチュアの“国家代表”(日本ゴルフ協会が選抜するナショナルチーム)選抜システムである。

 日本ツアーで勝利を上げている韓国人女子プロたちに共通するのは、そのほとんどが“国家代表”出身ということ。日本ツアーメンバーのイ・ボミ、アン・ソンジュ、申ジエ、姜秀衍、李知姫、全美貞、現在世界ランク3位のチョン・インジ、同5位のキム・セヨン、同7位のパク・インビなども“国家代表”としてプレーした。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集