[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【月間表彰】G大阪復活の旗手・宇佐美貴史 「天国と地獄の分かれ目」で決めた決勝弾

サッカー界で最も熱い男が選んだ、漢を感じる熱いプレーとは。

ガンバ大阪の宇佐美貴史【写真:Getty Images】
ガンバ大阪の宇佐美貴史【写真:Getty Images】

闘将を熱くさせたワンプレーを選出、7月は宇佐美貴史の「称賛に値する」

 サッカー界で最も熱い男が選んだ、漢を感じる熱いプレーとは。

 ガンバ大阪に所属する元日本代表FW宇佐美貴史が、7月27日のJ1リーグ第3節大分トリニータ戦後半アディショナルタイム、華麗なハーフボレーで決勝点を叩き込んだ。2019年限りで現役引退した元日本代表DF田中マルクス闘莉王氏は、スポーツチャンネル「DAZN」のパートナーメディアで構成される「DAZN Jリーグ推進委員会」との連動企画で、7月のJリーグの「月間最熱モーメント」に宇佐美の芸術弾を選出。「THE ANSWER」のインタビューで、かつて天才と呼ばれた男に名門復活の旗手としての期待を寄せた。(取材・文=THE ANSWER編集部)

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 ◇ ◇ ◇

「あのゴールの凄さは明白。天国と地獄が分かれるところ。後半アディショナルタイムで疲れている時間帯にも関わらず、あれだけの技術、シュート力。あれは称賛に値する」

 昨年、現役引退し、ブラジルで実業家として活躍する一方、公式YouTubeチャンネル「闘莉王TV」ではブラジルの生活を魅力たっぷりに届けている闘莉王氏。そんな闘将が絶賛したのはガンバの鬼才、宇佐美の決勝弾だった。

 7月27日、ドロー決着間際の大分戦のゴールは、後半アディショナルタイム4分に生まれた。FWパトリックが頭で落としたボールに、途中出場の宇佐美が反応。右足のハーフボレーで決勝弾を突き刺した。試合後に涙を浮かべるなど、自身にとっても大きな意味を持つゴールと勝利になった。

「疲れていると、あのシュートは抑えることができない。インパクトの技術のみならず、パワーも加わっていた。熱い気持ちも感じた。ガンバもチーム状態が上がってきたけれど、あのゴールは大きなきっかけになると思う」

 闘莉王氏はこう語った。今シーズンは序盤に勝ち星に見放され、宮本恒靖監督が解任されるなど、苦しみの序盤戦を迎えていた名門。宇佐美の活躍もあり、12位まで順位を上げてきた。

 自身も浦和レッズ時代にMVP(Jリーグ最優秀選手賞)を獲得した闘莉王氏は、2006年最終戦で優勝決定戦として激突した関西の雄、G大阪の底力を認めている。「ガンバを立ち直させるメンツは揃っていると思う。宇佐美選手にはその先頭に立ってもらいたい」と闘将。名門復活の担い手として、元祖“天才”に大きな期待を寄せている。

■田中マルクス闘莉王

 1981年4月24日生まれ、ブラジル出身。渋谷教育学園幕張高を卒業後、2001年にJ1広島でプロデビュー。06年に浦和のリーグ初優勝に貢献し、同年のJリーグMVPに輝く。07年にACL優勝、名古屋移籍後の10年に自身2度目のJ1制覇。03年の日本国籍取得後は日本代表としても活躍し、04年アテネ五輪、10年南アフリカW杯に出場。日本代表43試合8得点の成績を残した。19年12月にJ2京都で現役引退。現在はブラジルで実業家として活動する傍ら、公式YouTubeチャンネル「闘莉王TV」も話題になっている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集