[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

青森山田、計28得点で大会記録更新 静岡学園に4発快勝でV王手「100点満点のゲーム」

強過ぎる。青森山田(青森)は、明らかに、高校サッカーの全国的スタンダードのワンランク上に立っている。全国高校総体(インターハイ)サッカー男子は21日に準決勝を行い、青森山田は4-0で静岡学園(静岡)を破って決勝進出を決めた。準々決勝まで4試合で24得点という驚異的な得点力を見せつけてきたが、全国トップ4の争いになっても、その差を埋めさせることなく4得点。28ゴール目を奪い、1982年大会の帝京(東京)、2014年大会の東福岡(福岡)の26得点を抜いて、1大会での最多得点記録を更新した。

前半14分に先制点を挙げた青森山田・松木【写真:平野貴也】
前半14分に先制点を挙げた青森山田・松木【写真:平野貴也】

全国高校総体・サッカー男子、静岡学園に4-0で快勝

 強過ぎる。青森山田(青森)は、明らかに、高校サッカーの全国的スタンダードのワンランク上に立っている。全国高校総体(インターハイ)サッカー男子は21日に準決勝を行い、青森山田は4-0で静岡学園(静岡)を破って決勝進出を決めた。準々決勝まで4試合で24得点という驚異的な得点力を見せつけてきたが、全国トップ4の争いになっても、その差を埋めさせることなく4得点。28ゴール目を奪い、1982年大会の帝京(東京)、2014年大会の東福岡(福岡)の26得点を抜いて、1大会での最多得点記録を更新した。

 青森山田の黒田剛監督は「力的には、五分五分という予想ではありましたが、2年前の全国高校選手権の決勝、春先にやった練習ゲーム(3月、時ノ栖チャレンジカップ)という2つの敗戦を経て、同じ相手に3回負けられないという闘志とプライドが、選手たちのパフォーマンスに出ていた。100点満点のゲーム」と手ごたえを示した。

 静岡学園は、伝統の個人技でボールを保持しながら、慌てずに前進していく攻撃を試みたが、青森山田のカバーリングの早さに対応できず、まったく攻略ができなかった。サイドでボールを持って相手を1人かわしても、次の1人がやってきて、その間に守備を立て直された。そして、中盤でボールを失うと、青森山田のショートカウンター攻撃を浴び続けた。

 青森山田は5分にFW渡邊星来(3年)がハイボールを競り合うと、こぼれ球をMF松木玖生(3年)が左サイドへ展開。圧倒的な機動力が目を引く左MF田澤夢積(3年)のクロスに、FW渡邊がスライディングシュートで飛び込み、素早い攻撃でゴールに迫った。前半14分には、中盤のボール奪取からFW名須川真光(3年)を経由して右サイドへ展開。右MF藤森颯太(3年)が縦に抜けると、左から田澤が中央へ入り込んだところへクロス。田澤がつぶれ役となってファーサイドにボールが抜けると、後ろから走り込んできたMF松木が左足のシュートをたたき込んで先制に成功した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集