[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

“バスケの神様”にも匹敵 ギリシャの天才児が「NO1プレーヤー候補」である理由

NBA史に残る才能…NO1への鍵はチームを勝利に導くこと

 2016年12月に行われたブリックリン・ネッツ戦の際、バックスのジェイソン・キッドヘッドコーチがアデトクンボをそう評したことがあった。“バスケットボールの神様”と称されるジョーダンや、“キング”ことレブロンらとの比較は、当時はまだ大げさな身びいきにしか思えなかったが、今ではもうそこまで荒唐無稽なコメントには感じられない。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 身長211センチ、ウイングスパンは221センチという恵まれた体躯を持ち、とてつもない高さのダンク、ブロックで見る者の度肝を抜いてしまう。ゲーム中に決まってハイライトになるようなシーンを演出し、米スポーツ専門放送局「ESPN」のスポーツ情報番組「スポーツセンター」で選出されるその日のトップ10プレーの常連になった。それほどのバネとポイントガードをこなすほどのスキルを兼備する大器は、紛れもなくNBA史に残るタレントだ。

 もちろんこれから先に試練は経験するのだろう。センセーショナルではあっても、まだ細かいゲームメイクに粗さは残っている。“近未来のNO1プレーヤー候補”とは呼ばれているが、プレーオフでチームを勝利に導けることを証明する必要がある。昨季に続いて今季もポストシーズンで勝てなかったとすれば、風当たりが強くなるかもしれない。

 ただ、1月6日のワシントン・ウィザーズ戦では、アデトクンボは34得点、12リバウンド、7アシスト、2スティール、1ブロックのオールラウンドゲームでチームの勝利に貢献した。その試合後のこんなコメントを聞いた後、この天才児の明るい未来を想像せずにはいられなかった。

「キッドHCに『今日は多くの時間をプレーしなければいけない』と言われた。僕は『構わないよ。僕はバスケットボールをプレーするのが大好きだからね』という感じだった。みんな疲れているけど、それでも戦わなきゃいけない。自分の仕事をやらなきゃいけない。今日、僕はそれをやっただけなんだ」

1 2 3

杉浦 大介

1975年、東京都生まれ。高校球児からアマボクサーを経て、フリーランスのスポーツライターに転身。現在はニューヨーク在住で、ボクシング、MLB、NBAなどを題材に執筆活動を行う。主な著書に「日本人投手黄金時代 メジャーリーグにおける真の評価」(KKベストセラーズ)、「イチローがいた幸せ」(悟空出版)。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集