[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • コラム
  • 「行きたくないですよ」 高卒Jリーガーと卒業後の高校選抜、元日本代表FWの経験談

「行きたくないですよ」 高卒Jリーガーと卒業後の高校選抜、元日本代表FWの経験談

「同世代との遠征は、凄く良いリフレッシュになりました」――城彰二(元日本代表FW)

日本代表時代の城彰二【写真:Getty Images】
日本代表時代の城彰二【写真:Getty Images】

プロ1年目に開幕4試合連続ゴールの城彰二、直面した高校選抜への参加問題

「同世代との遠征は、凄く良いリフレッシュになりました」――城彰二(元日本代表FW)

 全国高校サッカー選手権大会で活躍した一部の選手たちには、卒業してからも高校生としての“仕事”が残されている。日本高校選抜に選ばれると、翌年度のシーズンが始まってから欧州遠征に出かけていくことになる。

 だがJリーグが開幕して2年目の1994年、想定外のことが起こった。鹿児島実業高校からジェフユナイテッド市原(当時)に加入したFW城彰二が、いきなり開幕のガンバ大阪戦でスタメン出場を果たすと、4試合連続ゴールの大活躍で話題をさらってしまう。しかもこのシーズンの城は極端に多忙を極め、やがて五輪代表からフル代表にまで招集されることになった。

 18歳ながら、すでに城はチームの得点源になっていた。ところが連続得点記録を更新し続ける最中に、高校選抜の遠征のタイミングがやってきた。当時、城はメディアに「(欧州遠征は)行きたくないですよ。行ったらポジションがなくなっちゃうかもしれないですからね」と語っている。実際に城が市原入りを選択したのは、他に条件面で上回るクラブがあったが、出場するチャンスがあると考えたからだった。

 しかし開幕からの大活躍で注目を集めてきた城は、心身ともにすり減っていた。

「だからあのタイミングで同世代の選手たちと遠征に出られて、凄く良いリフレッシュなりました」

 後に当時の本音を明かしている。

1 2

加部究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー