[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

女子ゴルフで「逸材が埋もれる理由」 北田瑠衣が思う「伸びる選手」との3つの差

活況を見せる女子ゴルフで浮かぶ様々な疑問に対し、ツアー通算6勝の北田瑠衣(フリー)が「THE ANSWER」の取材に応じ、プロ目線の答えを語ってくれた。全3回に渡ってお届けする第1回は「プロで成績を残すには」。アマチュア時代にプロツアーで活躍しても、プロになって名前を聞かなくなる選手もいる。差を分けるポイントは何なのだろうか。

北田瑠衣が女子ゴルフの様々な疑問について、プロ目線の答えを語った【写真:Getty Images】
北田瑠衣が女子ゴルフの様々な疑問について、プロ目線の答えを語った【写真:Getty Images】

北田瑠衣に聞く女子ゴルフの疑問「プロで成績を残すには」

 活況を見せる女子ゴルフで浮かぶ様々な疑問に対し、ツアー通算6勝の北田瑠衣(フリー)が「THE ANSWER」の取材に応じ、プロ目線の答えを語ってくれた。全3回に渡ってお届けする第1回は「プロで成績を残すには」。アマチュア時代にプロツアーで活躍しても、プロになって名前を聞かなくなる選手もいる。差を分けるポイントは何なのだろうか。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 ◇ ◇ ◇

 何が違うのか。毎年のように若手の台頭が話題となる女子ゴルフ。しかし、厳しいプロの世界で全員が生き残っていけるわけではない。アマ時代にプロツアーで上位に入り、10代で「逸材」「期待の星」と呼ばれた選手がそろってプロで大物に育つことは難しい。

 順調に成長曲線を描く選手と、そうでない選手の差はどこにあるのだろうか。福岡・沖学園高時代にナショナルチームに入り、プロでも活躍した北田は理由の一つに「ジュニア時代の環境」を挙げた。

 自身は10歳からゴルフを始め、地元・福岡で育った。「私のジュニア時代は、九州の環境がとてもよかったんですよ。小さい時からコースで実戦練習ができることが多かったです」。学校帰りにゴルフ場に通い、自分でキャディーバッグを担いでラウンド。頻繁に“生のコース”を経験できた上に、打ちっ放しでも球拾いをすればいつも練習できた。

「やはり大切なのは、練習場よりもコースでの経験値ですかね。打ちっ放しはアドレスや目線も全てがフラットですが、コースに出るとアンジュレーション(起伏)があるので、フラットなところでプレーすることはほぼありません。そういう環境でラウンドを積み重ねていくこと。幼少期の環境がプロになれる、なった後の活躍にも繋がっているのではないかと思います」

 難コースで戦うプロの世界。困難な状況を打破する対応力を早くから身につけることが違いを生む。九州では都会に比べてゴルフ場が近く、安い費用で多くの練習量をこなすことができた。現在ツアーで活躍するプロたちは、5歳頃からクラブを握っている時代。より、幼少期に過ごす環境が影響するという。さらに北田は「今の子は小さい時からレッスンプロやインストラクターに基礎を習っている選手も多いので、やはり基礎もしっかりしている」と付け加えた。

 技術面以外に、精神面でも大きな要素がある。周囲の期待から生まれるプレッシャーだ。2002年にプロ転向した北田は「プロで優勝して、活躍に応じてスポンサーさんがついてくださった」というが、今はプロデビュー前からサポートを受ける選手もいる。ツアーの隆盛に伴い、企業の広告塔の一つになることで得られる支援。北田は「彼女たちにとってもちろんありがたいことですが、プレッシャーにならないのかなと思います」と懸念している。

 決して悪いことではないが、“自分のため”にするゴルフに“人のため”の要素が加わることで精神面に及ぼす影響があるようだ。

 北田の場合は「アマチュア時代もそんなにぱっとした選手ではなかった」と大きなタイトル獲得はなくプロデビュー。プロ1年目に賞金ランク35位でシード権を獲得し、初優勝は2年目の04年5月だった。比較的時間がかからなかった理由について「私の場合は本当にノンプレッシャーでした。『プロテストに受からなきゃ』『周りが凄く期待してくれているから成績を残さなきゃ』というのは、特になかったですね」と明かした。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集