[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

メイウェザー、天心戦は「手加減してやれと…」 10億円荒稼ぎを回顧「体は重かった」

ボクシングの5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(米国)。2018年12月31日にキックボクシング界の“神童”那須川天心と格闘技イベント「RIZIN.14」で対戦し、1回TKO勝ちを収めているが、自身の陣営から「手加減してやれよ」と言われたことなどを明かしているようだ。米専門メディア「ワールドボクシングニュース」(WBN)が報じている。

2018年12月31日、那須川天心と対戦したフロイド・メイウェザー(左)【写真:Getty Images】
2018年12月31日、那須川天心と対戦したフロイド・メイウェザー(左)【写真:Getty Images】

2年前の大晦日での一戦に言及、試合前は「数回スパーリングしただけ」

 ボクシングの5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(米国)。2018年12月31日にキックボクシング界の“神童”那須川天心と格闘技イベント「RIZIN.14」で対戦し、1回TKO勝ちを収めているが、自身の陣営から「手加減してやれよ」と言われたことなどを明かしているようだ。米専門メディア「ワールドボクシングニュース」(WBN)が報じている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 天心戦では圧倒的な強さを示した。体重差、キックなしなどを考慮するとメイウェザー有利の中だったが、わずか139秒でTKO勝ち。試合前から様々な話題を呼んでいた一戦について、メイウェザーは元NFL選手のシャノン・シャープ氏のYouTubeチャンネルで語ったようだ。

 WBNは同チャンネルで公開された内容を引用しながら記事を掲載。「フロイド・メイウェザーは若きキックボクサーと対戦する前に、『手加減してやれよ』と言われた」との見出しを付けている。記事によると、メイウェザーは当時の自身の陣営から言われた言葉をこう振り返っている。

「日本で言われたさ。ただ動き回っていればいいと。手加減してやれってね」「彼らはマジになって戦ってほしいとは俺に言わなかった。見たら分かると思うが、俺の体は重かった。全然トレーニングしていなかったんだ」

 天心戦に向けては「ジムに行って数回スパーリングしただけだった」と、鍛錬を怠りながらも“神童”を圧倒したというメイウェザー。「そして日本に行き、900万ドルか1000万ドルを手にしたってわけだ」と10億円前後ともいわれるファイトマネーを荒稼ぎした試合を回顧していた。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集